Haptic Touch actions fail on iPadOS w/ Citrix EndPoint Management Mobile Productivity Apps

Use haptic touch to access Secure Web Shortcut menu, select any of the same and you will be directed to standard interface and not the selected shortcut item.

Use haptic touch to access Secure Mail Shortcut menu, select “Calendar” shortcut you will be directed to standard interface and not the selected shortcut item.

Example:

iPadOS 13.x && SM MPA: The Secure Mail 19.x calendar shortcut via haptic touch fails.

Please note that “New Email” and “Inbox” Haptic Touch actions direct user to correct location in Secure Mail Mobile Productivity Application.

Related:

  • No Related Posts

Windows 10 20H1 (Insider Preview Builds) – Citrix Known Issues

Microsoft releases regular builds of the next version of Windows 10 through their Insider Preview Program. Citrix does not support Insider Preview builds as stated on CTX224843 – Windows 10 Compatibility with Citrix XenDesktop.

This article is intended to capture known issues with Windows 10 20H1 that have been identified so far through Citrix internal testing and customer reports for the benefit of customers who are conducting early testing in preparation for when the Semi-Annual Channel release of 20H1 becomes available.

Note:

  • This is a live article and is updated as and when new information is available.
  • All the issues mentioned in this article have been noticed with 20H1 builds up to 18999.

Known Issues

The following are the known issues:

Issue 1

Issue Description

Citrix User Profile Manager (UPM) stops working after Windows 10 is upgraded to Windows 10 20H1.

[TPV-1307]

Problem Cause

Some of the registry keys related to Citrix UPM are getting removed during upgrade process.

Solution

This issue is fixed with the Microsoft’s March 2019 Updates for Windows 10. Install the respective March 2019 update OR its replacement on your existing Windows 10 version before upgrading to Windows 10 20H1.


Issue 2

Issue Description

Users are unable to uninstall Desktop Lock if Windows 10 was upgraded to 20H1 with Desktop Lock and Workspace App installed.

[TPV-744]

Problem Cause

During the upgrade,the key CtxBackupShell is getting removed under [HKLM -> SOFTWARE -> Microsoft -> Windows NT -> CurrentVersion -> Winlogon] . As a result, an error message “1: Read failed HKLMSOFTWAREMicrosoftWindows NTCurrentVersionWinlogonCtxBackupShell=(32bit on 32bit)” is displayed.

Solution

This issue is resolved with 20H1 builds 18999 and newer.


Issue 3

Issue Description

Printers part of Universal Print Server are no longer mapped after Windows 10 is upgraded to Windows 10 20H1. This issue is not seen with fresh install of Windows 10 20H1.

[LCM-5677]

Solution

There is no solution. Support for custom print drivers have been deprecated by Microsoft.


Issue 4

Issue Description

Unable to print using mapped printers if Universal Print Driver is used with Windows 10 20H1 VDA.

[LCM-5691]

Solution

This issue is resolved with 20H1 builds 18990 and newer.


Issue 5

Issue Description

On Virtual Machine’s (hosted on vSphere) with VM version 14 and boot option EFI, a failure may be seen when you upgrade Windows 10 machine to 20H1 with an error “We can’t tell if your PC is ready to continue installing Windows 10. Try restating the setup”

[TPV-2703]

Solution

Installing the latest VMWare tools 11.0.0.x before attempting to upgrade to 20H1 resolves this issue.

Issue 6

Issue Description

When Windows 10 machine with Citrix Workspace Environment Management (WEM) Agent 1803 or newer is upgraded to 20H1, WEM fails to work. This issue is not seen with WEM versions up to 4.7

[TPV-1184]

Problem Cause

The ‘Norskale’ key under [HKLM -> System -> CurrentControlSet -> Control] is getting removed during the upgrade to 20H1.

Solution

This issue is resolved with builds 19018 and later.

Related:

  • No Related Posts

VMware vSphere 6.7 – Citrix Known Issues

Issue Description

The window titled “Certificate Authentication” is not shown while creating a vSphere 6.7 hypervisor host connection with XenDesktop.

[STUD-3091]

Problem Cause

The issue is caused by new changes in vSphere 6.7

Solution

This issue is fixed in Virtual Apps & Desktops (XenApp/XenDesktop) 7 1811 and 7.15 LTSR CU3.

Workaround

Users on Virtual Apps & Desktops (XenApp/XenDesktop) 7.18 & 1808:

Administrators can push the vCenter server certificate manually to the Delivery Controller server by following steps outlined on https://support.citrix.com/article/CTX138640.

Related:

  • No Related Posts

VMware vSphere 6.5 – Citrix Known Issues

Note: This is a live article, and is updated as and when the new information becomes available.

The following information outlines the issues and their solutions:

Issue 1

Some Virtual Machines may fail to register when trying to boot large number of VMs in a catalog on Dell PowerEdge servers using PERC 8/PERC 9 storage controller.

Problem Cause

Lsi_mr3 PERC drivers installed with VMware ESXi is sometimes found to be incompatible with PERC 8/PERC 9 installed on the newest 13 generation PowerEdge servers

Solution

To resolve this issue, the appropriate PERC driver ‘megaraid_perc9’ should be installed. The driver is available on Dell or VMware support sites.

Please refer to http://www.dell.com/Support/Article/in/en/indhs1/SLN297261 for more information.


Issue 2

Windows 10 v1607 VDA fails to launch when GPU pass-through is enabled on NVIDIA K-Series Graphic cards through DirectPath I/O for PCI Devices. This issue impacts HDX 3D Pro VDAs with vDedicated Graphics Acceleration (vDGA) enabled.

Solution

NVIDIA has released a new driver for K-Series Graphics cards. Please update the Graphics card driver on the system to v372.90 or later


Issue 3

An increased load on storage systems in terms of IOPS may be observed when using VMFS6 with non-persistent Windows10 VDA deployed through MCS.

Solution

There is no solution to this issue. Citrix is investigating this issue.

Workaround

Users are recommended to use VMFS5. Users considering VMFS6 should try it in a non-production environment to determine if the storage system used can support the higher load with VMFS6.

Issue 4

PVS target device booted from vdisk with USB Controller 2.0 attached may fail to boot OR freezes at Windows splash screen.

Solution

There is no solution to this issue. Citrix is investigating this issue.

Workaround

Users are advised to attach USB 3.0 controller to the target device on ESXi 6.5 platform.


Issue 5

On Virtual Machine’s (hosted on vSphere) with VMWare tools (10.3.2.x or above) installed, a failure may be seen with standalone installation of Storefront or while upgrading Storefront part of Virtual Apps and Desktops 7 1906 OR 1909. An error ‘An error occurred with the operation for Storefront’ may be seen.

[WSP-4895]

Solution

This issue is fixed with VMtool v11.0. Upgrade VMWare tools to v11 or newer before attempting to install/upgrade of Storefront.

Related:

CDFControl

Software Solution Disclaimer

This package contains a software solution that has been replaced by a more recent version available for download from the Citrix support website (support.citrix.com). It is provided merely for your convenience. Citrix recommends applying the most up-to-date version of the software, which addresses the fix or enhancement being targeted. Later versions of the release may include multiple changes that address different areas including security vulnerabilities, code fixes, and enhancements. Installation of this software should only be performed on test or developmental environments. This software is not supported and is provided “AS IS.” You are solely responsible for your selection and use of the software. Any reported issues will require the most current revision of the software (http://www.citrix.com/English/SS/supportThird.asp?slID=5107&tlID=1861652). Please visit our security site for additional security notices and information (support.citrix.com/securitybulletins ).

CITRIX MAKES NO REPRESENTATIONS OR WARRANTIES OF NONINFRINGEMENT, MERCHANTABILITY OR FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE WITH RESPECT TO THE PROVIDED SOFTWARE SOLUTION. THE SOFTWARE SOLUTIONS ARE DELIVERED ON AN “AS IS” BASIS WITH NO SUPPORT. YOU SHALL HAVE THE SOLE RESPONSIBILITY FOR ADEQUATE PROTECTION AND BACK-UP OF ANY DATA USED IN CONNECTION WITH THE SOFTWARE SOLUTION. IN NO EVENT SHALL CITRIX BE LIABLE FOR (i) SPECIAL, INDIRECT, DIRECT, INCIDENTAL OR CONSEQUENTIAL DAMAGES, OR (ii) ANY OTHER CLAIM, DEMAND OR DAMAGES WHATSOEVER RESULTING FROM OR ARISING OUT OF OR IN CONNECTION WITH THE SOFTWARE SOLUTION, WHETHER AN ACTION IN CONTRACT OR TORT, INCLUDING NEGLIGENCE, OR OTHERWISE.

Related:

My Supportユーザーガイド(パートナー用サポート契約およびアプライアンスメンテナンス契約のケース)

<準備>

必ず事前に該当製品の障害報告書をご準備ください。

障害報告書をご提出いただかないと対応が遅れる場合があります。


<新規テクニカルサポートケースの作成>

1. Citrix のホームページ <http://www.citrix.co.jp/> を表示し、右上の「サインイン」をクリックして、パートナー契約に紐付くMy Account ログインIDとパスワードでサインインします。

Note: パートナー契約を持っているが、契約のアカウントに担当者として追加されていない場合は、貴社内Organization Administratorまでご連絡をいただき、担当者登録についてご相談ください。

2. 中央ペインに表示されている「Create/View Support Cases」をクリックします。

3. Support Knowledge Centerのログイン画面が出てきますので、同じログイン情報でログインします。

4. ※Customer Success Servicesのご契約がない場合はこちらは表示されませんのでスキップしてください※

Support Casesのダッシュボードが表示されますので、右上の「View entitlement details」をクリックします。

(こちらのサイトからケースをオープンする事も可能ですが現時点では日本のお客様にはMy Supportが分かりやすく実用的と考えますため本手順にてご案内しております。予めご了承ください)


5. 以下が表示されましたら「My Support」をクリックします。
Note: My Supportが表示されない場合、ログインいただきましたアカウントに紐付くパートナー契約が有効でない可能性が考えられます。貴社内のパートナー契約のご担当者様へご確認をお願いいたします。

User-added image


6. 「I have a Technical Issue」をクリックします。

User-added image

7. 「Enter a brief description of your issue」に問題の内容を入力して[Search]ボタンをクリックすると、右側の[Suggested Articles]に関連する技術文書が表示されます。検索対象となる技術文書は英語のみですので英語での記載を推奨します。

User-added image

8. 上記で該当する問題の文書が確認できず、新規ケースをオープンする場合は「Open a Case」をクリックします。

User-added image

9. ケース作成に使用するEntitlement(エンタイトルメント=サポート契約)を選択する画面が表示されます。使用するEntitlementを選択し、「Proceed」をクリックします。

ハードウェア製品のお問合せおよびRMAを申請する場合は、「Serial No.」に該当するアプライアンス機器のシリアル番号を入力して「Proceed」をクリックします。

User-added image

10. 現在発生している障害や環境に関する情報を正確に記載または選択します。

Severity- (必須) 以下の表に沿って正しい深刻度を選択します(不明な場合は 3 を選択してください)。

Subject – (必須) 障害内容を40文字程度以内で記載します。なお、この項目はメール応対時の件名としても利用されます。

Description – (必須) 事前に用意した障害報告書のテキストを貼り付けます。

Business Impact – ビジネスインパクトを記載します。


Entitlement – 先にご選択いただいたEntitlementが表示されている事を確認します。異なる場合は変更します。

Serial Number – 先にシリアル番号を記載した場合はこちらに表示されます。異なる場合は変更します。

Service Product – (必須)障害が発生している製品を選択します。

Version – (必須)障害が発生している製品のバージョンを選択します。

Other Communication Email – ご担当者以外にも情報を送付したい場合はそのメールアドレスを1つ記載します。

Customer Name – 事象が発生しているお客様の会社名を記載します。

Preferred Callback Number – (必須)ご登録済み連絡先と異なる場合は上書きします。

Preferred Language – ケース対応時の言語を設定します。

※日本語での対応を希望される場合には、Japanese を設定してください。

English を設定された場合には海外のエンジニアによる英語での対応となります。

Severity(深刻度) 説明
1 本番環境でサポート対象製品が機能せず、業務に大幅な影響があり合理的に業務を行うことができない。業務はミッションクリティカルで緊急な状況にあり、実行可能な回避策が存在しない。

※深刻度1はお電話での対応となりますのでサポート契約内容に沿った所定の方法でテクニカルサポートにご連絡ください。
2 サポート対象製品の機能提供に極めて重度の損失が発生している。業務は継続しているが大幅な機能縮退が発生している。
3 サポート対象製品の機能に部分的でクリティカルではない機能縮退が発生している。
4 重大な影響を及ぼさない障害、または機能障害に繋がらない表面的な事象。

11. 「Save」をクリックするとケース番号が発行されます。また、ケースが発行された事をご連絡する自動配信メールが送信されます。

※ご担当者様以外の複数の方に連絡が必要な場合には、ケース番号を含む弊社からのメールに対して、お客様ご自身で電子メール アドレスを宛先および CC ラインに追加くださいますようお願いいたします。

この場合はお客様が追加された新しい電子メールアドレスの皆様に対して、追加された電子メール アドレスを含んだ形で全員に返信 (Reply All) させていただきます。

12. 調査に必要な資料を添付する場合は、Citrix Insight Services を利用します。

アップロード方法の詳細については
Citrix Insight Servicesにデータをアップロードする方法をご参照ください。

(手順10のDescriptionに「障害報告書」の内容を貼り付けていない場合はファイルのアップロード後にEdit機能を利用して貼り付けをご実施いただきますよう、ご協力をお願い致します。)

13. 作成されたテクニカルサポートケースはアサイン待ちのケースとして登録されます。

アサインが決定した際にサポートエンジニアからメールにてご連絡をしますのでしばらくお待ちください。


※サポートエンジニアとのやり取りに関する注意点※

特にご指定が無い場合、メールを使ったやり取りが基本となります。

My Support上でのやり取りの参照をご希望の場合はコメント欄を利用してください。

なお、コメントには文字数制限がございますため、できるだけメールでのコミュニケーションをお願いいたします。

<テクニカルサポートケースの参照>

1. 「新規テクニカルサポートケースの作成」の手順を参考にMy Supportを起動し、「Existing Cases」タブをクリックします。

User-added image

2. リストを絞り込むにはドロップダウンメニューを使用します。こちらでは、ログインアカウントに紐付く全ケースの参照以外に、ケースのタイプごとにフィルターを掛ける事が可能です。

各ケースのリンクをクリックすると、画面下に当該ケースのCase DescriptionおよびCase Commentが表示されます。

  • ケースステイタスまたはコンタクト名でも絞込みできます。
  • Actionsドロップダウンメニューから、既存ケースにコメントを追加できます。
User-added image

<テクニカルサポート契約と製品販売状況の表示>

1. 「新規テクニカルサポートケースの作成」の手順を参考にMy Supportを起動し、「Entitlements/Product Authorizations」タブをクリックします。

2. 「Entitlements」にてお持ちのサポート契約を確認する事が可能です。

  • Statusが「Active」の契約のみご利用いただけます。
  • ケース残数は「Remaining Cases」でご確認ください。
User-added image

3. 「Product Authorizations」にて製品販売認定状況を確認する事が可能です。

User-added image

Related:

  • No Related Posts

My Supportユーザーガイド(お客様用サポート契約のケース)

<準備>

必ず事前に該当製品の障害報告書をご準備ください。

障害報告書をご提出いただかないと対応が遅れる場合があります。

<新規テクニカルサポートケースの作成>

1. Citrix のホームページ <http://www.citrix.co.jp/> を表示し、右上の「サインイン」をクリックします。

2. サポート契約に紐付くMy Account ログインIDとパスワードでサインインします。

3. 中央ペインに表示されている「Create/View Support Cases」をクリックします。

4. Support Knowledge Centerのログイン画面が出てきますので、同じログイン情報でログインします。

5. ※Customer Success Servicesのご契約がない場合はこちらは表示されませんのでスキップしてください※

Support Casesのダッシュボードが表示されますので、右上の「View entitlement details」をクリックします。
(こちらのサイトからケースをオープンする事も可能ですが現時点では日本のお客様にはMy Supportが分かりやすく実用的と考えますため本手順にてご案内しております。予めご了承ください)

6. 「My Support」をクリックします。

ご注意:「My Support」が表示されない場合は、ログインしたアカウントではサポート契約が有効でないと考えられます。

ログイン情報およびサポート契約の有無を再度ご確認ください。

サポート契約が有効にも関わらず「My Support」が表示されない場合はカスタマーサービスまでお問い合わせください。

User-added image

7. 「ケース」タブをクリックします。

User-added image

8. 「新規ケース」をクリックします。

Note: 「エンタイトルメント」(サポート契約情報)タブからもケースが作成できます。

User-added image

9. 「I have a Technical Issue」をクリックします。

User-added image

10. 「Enter a brief description of your issue」に問題の内容を入力して[Search]ボタンをクリックすると、右側の[Suggested Articles]に関連する技術文書が表示されます。検索対象となる技術文書は英語のみですので英語での記載を推奨します。

User-added image

11. 「Open a Case」をクリックします。

User-added image

12. 現在発生している障害や環境に関する情報を正確に記載または選択します。

Severity- (必須) 以下の表に沿って正しい深刻度を選択します(不明な場合は 4 を選択してください)。

Subject – (必須) 障害内容を40文字程度以内で記載します。なお、この項目はメール応対時の件名としても利用されます。


Description – 事前に用意した障害報告書のテキストを貼り付けます。

Business Impact – ビジネスインパクトを記載します。

Hardware Serial Number – (アプライアンス製品の場合は必須)該当のシリアルを記載します。

Service Product – (必須)障害が発生している製品を選択します。

Version – (必須)障害が発生している製品のバージョンを選択します。

Entitlement – (ソフトウェア製品の場合は必須)障害が発生している製品のサポート契約が選択されている事を確認します。異なる場合は変更します。

Other Communication Email – ご担当者以外にも情報を送付したい場合はそのメールアドレスを1つ記載します。

Secondary Contact – 同じアカウントに登録されている別なテクニカルコンタクト様をセカンダリコンタクトとして指定したい場合に指定します。

Preferred Callback Number – (必須)ご登録済み連絡先と異なる場合は上書きします。

Preferred Language – ケース対応時の言語を設定します。


※日本語での対応を希望される場合には、Japanese を設定してください。

English を設定された場合には海外のエンジニアによる英語での対応となります。

Severity(深刻度) 説明
1 本番環境でサポート対象製品が機能せず、業務に大幅な影響があり合理的に業務を行うことができない。業務はミッションクリティカルで緊急な状況にあり、実行可能な回避策が存在しない。

※深刻度1はお電話での対応となりますのでサポート契約内容に沿った所定の方法でテクニカルサポートにご連絡ください。
2 サポート対象製品の機能提供に極めて重度の損失が発生している。業務は継続しているが大幅な機能縮退が発生している。
3 サポート対象製品の機能に部分的でクリティカルではない機能縮退が発生している。
4 重大な影響を及ぼさない障害、または機能障害に繋がらない表面的な事象。

※Select (Software Maintenance) の 構成とインストールの問題に関するサポートをご利用のお客様は、Severity 4 を選択してください。

13. 「Save」をクリックするとケース番号が発行されます。また、ケースが発行された事をご連絡する自動配信メールが送信されます。

※ご担当者様以外の複数の方に連絡が必要な場合には、ケース番号を含む弊社からのメールに対して、お客様ご自身で電子メール アドレスを宛先および CC ラインに追加くださいますようお願いいたします。

この場合はお客様が追加された新しい電子メールアドレスの皆様に対して、追加された電子メール アドレスを含んだ形で全員に返信 (Reply All) させていただきます。


User-added image

14. 調査に必要な資料を添付する場合は、Citrix Insight Services を利用します。

アップ
ロード方法の詳細についてはCitrix Insight Servicesにデータをアップロードする方法をご参照ください。

(手順10のDescriptionに「障害報告書」の内容を貼り付けていない場合はファイルのアップロード後にEdit機能を利用して貼り付けをご実施いただきますよう、ご協力をお願い致します。)

15. 作成されたテクニカルサポートケースはアサイン待ちのケースとして登録されます。

アサインが決定した際にサポートエンジニアからメールにてご連絡をしますのでしばらくお待ちください。

※サポートエンジニアとのやり取りに関する注意点※

特にご指定が無い場合、メールを使ったやり取りが基本となります。

My Support上でのやり取りの参照をご希望の場合はコメント欄を利用してください。

なお、コメントには文字数制限がございますため、できるだけメールでのコミュニケーションをお願いいたします。

<テクニカルサポートケースの参照>

1. 「新規テクニカルサポートケースの作成」の手順を参考にMy Supportを起動し、「ケース」タブをクリックします。

User-added image

2. リストを絞り込むにはドロップダウンを使用します。こちらでは、ログインアカウントに紐付く全ケースの参照以外に、ケースのタイプごとにフィルターを掛ける事が可能です(例 – Technical Support, Customer Serviceなど)。

※特定のケースの検索には左の‘Search’ボックスを利用します。

User-added image

<テクニカルサポート契約の表示>

1. 「新規テクニカルサポートケースの作成」の手順を参考にMy Supportを起動し、「エンタイトルメント」タブをクリックします。

User-added image

2. ログインしているアカウントに紐付く全てのテクニカルサポート契約が表示されます。サポートプログラムついてはこちら をご参照ください。

ドロップダウンを利用するとEntitlementの表示を絞り込む事ができます。特定のサポート契約の詳細を確認するには、Entitlement名の項目のハイパーリンクをクリックします。

User-added image

3. 特定のサポート契約を選択すると、契約の状況やライセンス情報、またその契約に紐付く既存のケース等の詳細を確認する事ができます。

User-added image

<テクニカルサポート契約(アドオン)の表示>

1. 「新規テクニカルサポートケースの作成」の手順を参考にMy Supportを起動し、「Support Add-Ons」タブをクリックします。

User-added image

2. このページでは、アカウントに紐付くアドオンのテクニカルサポート契約がリストされます。ドロップダウンを利用してリストを絞り込む事ができます。

Support Add-Ons名の項目のハイパーリンクをクリックします。

User-added image

3. 契約の状況、開始日、終了日等の詳細を確認できます。

User-added image

Related:

  • No Related Posts