Re: Isilon GEN6のライセンスの入手方法

Yasさん。

残念ながらGUIDは必須で、事前に確認する方法はなさそうです。

参考資料

Dark Siteの場合のライセンス取得方法条件記載あり。Page 8

https://support.emc.com/docu87410_OneFS-eLicensing-Workflows-and-FAQs.pdf?language=en_USPage 8

a. license activation file.

b. License Activation Codes (LAC) もしくは the Sales Order number.

c. Node 数、またActivationしたいNodeのシリアル番号

d. 希望ライセンス詳細情報.

e. Cluster GUID

GUIDgenerated by OneFS when the cluster was created とあり、クラスタ構築後にしか作成されないです。

Related:

  • No Related Posts

Re: ネットワークアラートのifIndexとifDescrの値について

ayasさん

ご回答ありがとうございます。

DDSH では、snmpwalk のコマンドが見当たらず、bashですとあるのですが、bashで実行ということですか?

ちなみに私のDDOS 5.5 環境で試したのですが、頂いたような出力がみれす、恐れ入りますが実行された

コマンドを教えて頂けますか?

※bashでしか見れない場合は、お客様にはご案内できませんが、ご参考までに教えて頂けると助かります。

!!!! SSTKYDD YOUR DATA IS IN DANGER !!!! # snmpwalk -v 1 -c public localhost | grep ifIndex

IF-MIB::ifIndex.1 = INTEGER: 1

IF-MIB::ifIndex.2 = INTEGER: 2

IF-MIB::ifIndex.3 = INTEGER: 3

IF-MIB::ifIndex.4 = INTEGER: 4

IF-MIB::ifIndex.5 = INTEGER: 5

IF-MIB::ifIndex.6 = INTEGER: 6

IF-MIB::ifIndex.7 = INTEGER: 7

IF-MIB::ifIndex.8 = INTEGER: 8

HOST-RESOURCES-MIB::hrSWRunParameters.19054 = STRING: “ifIndex”

DISMAN-EVENT-MIB::mteObjectsID.”_snmpd”.”_linkUpDown”.1 = OID: IF-MIB::ifIndex

!!!! SSTKYDD YOUR DATA IS IN DANGER !!!! # snmpwalk -v 1 -c public localhost | grep ifDescr

IF-MIB::ifDescr.1 = STRING: lo

IF-MIB::ifDescr.2 = STRING: ifb0

IF-MIB::ifDescr.3 = STRING: ifb1

IF-MIB::ifDescr.4 = STRING: eth0

IF-MIB::ifDescr.5 = STRING: eth1

IF-MIB::ifDescr.6 = STRING: eth2

IF-MIB::ifDescr.7 = STRING: eth3

IF-MIB::ifDescr.8 = STRING: veth0

HOST-RESOURCES-MIB::hrSWRunParameters.19126 = STRING: “ifDescr”

Related:

  • No Related Posts

Re: disassociate & associate FA to RF VMAX all FLASH 250

Hi

i tried to disassociate a FA 4D7 in order to associate as RF but it is not working properly in VMAX 250F all Flash

1.- symmcfg -sid 590 -SA 4D -p 7 offline

2.-disassociate the port

3. list port free and the port 4D7 is free now

4. when a tried to associate to RF port, the command associate again as FA not as RF y use this command to associate and disassociate

disassociate

symconfigure -sid 590 -cmd “disassociate port 7 from dir 4d;” commit -nop

Associate

symcondigure -sid 590 -cmd “associate port 7 from dir 4d;” commit -nop

Best Regards

Related:

  • No Related Posts

Re: Unity レプリケーション

https://community.emc.com/thread/243508



上記のコミュニティの内容について確認させてください。



例:RPO60分の場合



①10:30 開始→12:00 完了

== 60分以内に完了せず。12:00に完了 ==

②12:00 開始→ 12:45 完了 ※本来は11時半に実施されるものが開始がずれる

== 60分以内に完了==

③13:00 開始→ 13:30完了

以降、60分以内に完了するのであれば常に毎時00分にレプリケーションが開始される 上記の理解で正しいのでしょうか。

※①が終わったら、②が開始という動作

Related:

  • No Related Posts

Re: export_consolidated_statisticsコマンドの採取間隔指定について

こんにちは

RecoverPointのCLIコマンドexport_consolidated_statistics」の採取間隔指定なのですが

CLIリファレンスや管理者ガイドを確認しましたが、採取間隔の仕様や間隔を決める要因が

良くわかなかったので教えて下さい。

①コマンドオプション毎の採取間隔は決まっていますか?

コマンド実行直後に選択する「minute,hour,day,all」のオプションによって採取間隔が

以下のように異なります

minute:ほぼ当日

hour:数日

day:数か月

各オプションの仕様としてそれぞれ〇〇時間とか決まっているのでしょうか?

②採取間隔はRecoverPointの構成によって変動しますか?

RPAのメモリサイズ、CG個数、ジャーナルサイズなどによって採取間隔が

変動するのでしょうか?

Related:

  • No Related Posts

Re: VxRailのソフトウェアとハードウェアの互換性について

下記のTechnical FAQに、同じクラスタ内のハードウェアはN-2世代までサポートという情報が出ていました。

https://www.emc.com/auth/rcoll/faq/vxrail-tech-faq.pdf

VSPEX BLUEは14Gの3世代前のため、同じクラスタに混在できないとなっています。

VSPEX BLUEのGAは2015/2で、まだ3年しか経過していません。

一方、VSPEX BLUEと混在できる13Gは今年8月に販売停止とアナウンスがありました。

VSPEX BLUE含めたVxRailシリーズは、HWの更改時に、新しいノードを追加して、古いノードを取り外すことで簡単にリプレイスして、クラスタを使い続けることができるというのがメリットだと思いますが、実際にVSPEX BLUEが保守停止を迎えるときには、新しいノードを追加することができなくなってしまいそうです。

この理解は正しいのでしょうか?(私の理解が間違っているとよいのですが)

VxRailの製品性として問題はないでしょうか?

HW更改時には何か良い方法が存在するのでしょうか?

Related:

  • No Related Posts

disassociate & associate FA to RF VMAX all FLASH 250

Hi

i tried to disassociate a FA 4D7 in order to associate as RF but it is not working properly in VMAX 250F all Flash

1.- symmcfg -sid 590 -SA 4D -p 7 offline

2.-disassociate the port

3. list port free and the port 4D7 is free now

4. when a tried to associate to RF port, the command associate again as FA not as RF y use this command to associate and disassociate

disassociate

symconfigure -sid 590 -cmd “disassociate port 7 from dir 4d;” commit -nop

Associate

symcondigure -sid 590 -cmd “associate port 7 from dir 4d;” commit -nop

Best Regards

Related:

  • No Related Posts