Re: What are the ports on the UNITY 450F?

Hi JDMils68,

It’s a very vague question. The config is different for every system. What ports you have available are mostly the choice of the customer.

What you can do with the slots depends if they are fibre or IP. If fibre, you can use them for block connectivity (hosts), RP, Sync rep (first FC port only in the system), etc..

For IP ports, you can use them for NAS traffic, iSCSI interfaces, async replication, and much more.

I would suggest that you go through the documentation and speak with your storage architect for determining the best way to use them.

Andre @ Dell EMC

Related:

  • No Related Posts

Re: /nsr/cores/nsrjobd

Hello everyone,

I’m running out of space on /nwr

Nsrjobdb is almost empty, so are the logs.

However I’ve found that /nsr/cores/nsrjobd is quite big (13G out of 20G of fs) in this case.

I was wondering if it is save to shut down networker service, move this file to another partition, and let networker recreate it during service start.

Version of networker on which I’m working is NetWorker 8.2.0.0.Build.445 Commercial Edition/20;

Any help will be greatly appreciated.

Related:

  • No Related Posts

pyFOSスクリプト(参考情報) – FabricOS 8.2

こんにちはKUROです。

先日紹介したREST API for Brocade FabricOS 8.2の続編で、pyFOSの紹介をさせていただきます。

pyFOSは、FabricOSへアクセスするためのPythonモジュールですが、現時点(02/21/2018、Ver 0.9.0)では

READMEに以下のような記述があるように、正式に配布されているものではありません。

PyFOS – This is a prototype release of PyFOS. The code have only gone through developer unit testing only.

ですので、あくまでも参考情報としてお読みください。

お試しに必要な環境:

1. FOS 8.2以降が稼働しているスイッチ

2. Python3の実行環境(KUROはDebianを利用)

インストール:

1. gitHubからpyFOSのコピーを入手します。

git(1)環境を構築せずに、以下のようにcloneをダウンロードしてもいけます。

Download.png

2. 適当なディレクトリに展開します。

3. READMEに以下のようなインストール方法が書かれているのでそれに従って配置しました。

installation:

1) create library directories

mkdir ~<login>/python_lib

mkdir ~<login>/python_lib/lib

mkdir ~<login>/python_lib/lib/python3.5

mkdir ~<login>/python_lib/lib/python3.5/site-packages

2) set env variable for library directory

setenv PYTHONPATH ~<login>/python_lib/lib/python3.5/site-packages

3) install pyfos modules into the library path

cd <pyfos directory>

python3 setup.py install –prefix=~<login>/python_lib

ですが、私のDebian 9.3では、”3)”でエラーとなりインストールに失敗したので、

PYTHONUSERBASEにPYTHONPATHと同じ内容を指定して、

“python3 setup install –user”

でインストールしました。

実機でお試し

1. sys.pathの追加

pyFOSモジュールは、ローカルなディレクトリに配置しているので、sys.pathに追加します。

pathAppend.png

2. loginとlogout

pyfos_auth.login、pyfos_auth.logoutのサンプルをそのままつかってみました。

loginlogout1.png

3. スイッチ情報を取得

スイッチ情報には、fabric_switchクラスとfibrechannel_switchクラスの2つが用意されていて、どちらのメンバーも同じような

情報を持っています。大きなちがいは、fabric_switchクラスは参照のみ、fibrechannel_switchクラスは変更も出来ることです。

取り出し方は、まとめて取り出すpyfos_utils.response_print(response)と、アトリビュート毎に取り出すことが出来る、

peek_xxxxx()のが用意されています。

3-1. まとめて取り出し

3-1-1. fabricクラス

fabric_switch_reponsePrint.png

3-1-2. switchクラス

fibrechannel_switch_responsePrint.png

3-2. アトリビュート毎に取り出し(ドメインID、ファームウェアバージョン、モデル番号、)

fabricDicはfabric_switch object、switchDicはfibrechannel_switch objectになります。

モデル番号は、fabric_switch objectには用意されていないので、赤字のようにエラーとなります。

switch_peek.png

4. ポート情報を取得

どちらかというと参照では無く、設定(変更)を行うことが目的と思われますが、取り出してみます。

クラスはFC portという別のクラスになりますが、取り出し方は先のスイッチ情報と似ています。

fcport_responsePrint.png

参照系だけで恐縮ですが、なんとなく雰囲気が伝われば幸いです。

では。

Related:

  • No Related Posts

Re: Virtual Driver – Save problem

Hi Wallace,

here is a screen from my Windows Explorer:

Unbenannt.PNG.png

I cant backup volume E: it is a virtual drive.



bingo:

With your command i can save the virtual drive, but if i start it on the “NetWorker Management Consol” it failed



3817:save: Using NETWorkerSvr.dom.lan as server

129292:save: Successfully established Client direct save session for save-set ID ‘1351349813’ (SERVER.dom.lan:\SERVER.dom.lanE$) with Data Domain volume ‘data1.001’.

\SERVER.dom.lanE$$RECYCLE.BINS-1-5-21-790525478-1085031214-839522115-500desktop.ini

\SERVER.dom.lanE$$RECYCLE.BINS-1-5-21-790525478-1085031214-839522115-500

\SERVER.dom.lanE$$RECYCLE.BIN

\SERVER.dom.lanE$5462_boot.iso

\SERVER.dom.lanE$afasfas.txt

\SERVER.dom.lanE$ibm_fw_imm_yuoo57h_windows_32-64.exe

\SERVER.dom.lanE$ibm_fw_uefi_d6e162a-1.20_windows_32-64.exe

\SERVER.dom.lanE$sdasfasf.txt

\SERVER.dom.lanE$System Volume InformationWPSettings.dat

\SERVER.dom.lanE$System Volume Information

\SERVER.dom.lanE$

/

save: \SERVER.dom.lanE$ 1569 MB 00:00:22 12 files

7167:save: save completion time: 20.02.2018 11:19:49

94694:save: The backup of save set ‘\SERVER.dom.lanE$’ succeeded.

.

Related:

  • No Related Posts

Re: VxRail 14Gノードの追加について

これ、VxRail 4.5.150から14Gと過去のモデルの混在がサポートされるようになったので、

おそらくVxRail 4.5.150が出る前の文言が残ってしまっているんだと思います。

元のクラスタがVxRail 4.5.150以降で、14Gの最新アプライアンスを追加ノードで拡張できるようになっています。

※Solveやその他ドキュメントにも記載あるので問題ないです。

リリースノートの4.5.150のWhat’s Newは以下の記載があります。

Support for mixed node hardware clusters:

– Supports a mixed configuration of Quanta, Dell 13th Generation PowerEdge, and Dell 14th Generation PowerEdge nodes in the same cluster

– Supports lifecycle management for both existing Dell 13th Generation PowerEdge, and Dell 14th Generation PowerEdge hardware

– Supports mixed node expansion of existing clusters

Related:

  • No Related Posts

VxRail 14Gノードの追加について

これ、VxRail 4.5.150から14Gと過去のモデルの混在がサポートされるようになったので、

おそらくVxRail 4.5.150が出る前の文言が残ってしまっているんだと思います。

元のクラスタがVxRail 4.5.150以降で、14Gの最新アプライアンスを追加ノードで拡張できるようになっています。

※Solveやその他ドキュメントにも記載あるので問題ないです。

リリースノートの4.5.150のWhat’s Newは以下の記載があります。

Support for mixed node hardware clusters:

– Supports a mixed configuration of Quanta, Dell 13th Generation PowerEdge, and Dell 14th Generation PowerEdge nodes in the same cluster

– Supports lifecycle management for both existing Dell 13th Generation PowerEdge, and Dell 14th Generation PowerEdge hardware

– Supports mixed node expansion of existing clusters

Related:

  • No Related Posts