VxRail 4.0.200へのアップグレードと注意点

GW明けにDELL EMC World 2017に参加して、その後の累積した業務に追われてなかなか更新できなかったのですが、

VxRail 4.0.200 まわりのアップデート情報、検証した内容をまとめます。

今回の確認点は以下の4点。

・vSphere Standard Editionライセンス利用時の半自動でのVxRail アップグレードの実装

・iSCSI データストア利用時にも問題なくバージョンアップできるようになった。.

(https://support.emc.com/kb/495553、iSCSIの外部データストアをマウントした状態のホストがあるとVxRailのアップグレードに失敗する問題)

・vCenter 6.0u3から推奨となったPSCのメモリ4GBが反映されないVMware側のKnown Issueへの備え

・アップグレード時に失敗すると面倒なイメージプロファイルの欠落事象の事前チェック



後半二つは弊社の検証環境やお客様の環境で確認したアップグレード時のエラーの回避策と事前にチェックについてまとめました。

【vSphere Standard Editionライセンス利用時の半自動でのVxRail アップグレードの実装】

VxRail 3.5からvSphere Standardが利用可能になりましたが、DRSが使えないため、ローリングアップグレードや、メンテナンスのタイミングで暗黙の了解というか、手動でいろいろやる必要がありました。

今回の更新で、Standard利用時にもGUI上に適切な操作指示が表示されるようになりました。

FILESV01_VxRail4.0.2-StdLic_20170506_001.png

Standardはこのような機能がEnabledですが、DRSはありません。※vDSの機能ははvSANライセンスに紐づく。

今回はテストしたのは管理VMを除いて100VMの稼働する環境です。

FILESV01_VxRail4.0.2-StdLic_20170506_009.png

DLしてきた4.0.200のパッケージをアップロードして、更新を「続行」します。

FILESV01_VxRail4.0.2-StdLic_20170506_020.png

VxRail ManagerやvCSA、PSCはいつも通り順調にアップグレード。

続いてホストの更新に入ったタイミングで、次のメッセージが出力されます。

FILESV01_VxRail4.0.2-StdLic_20170506_026.png

やはり自動でvMotionはしてくれませんね、当然ですが…

ただ、以前はわからなかった「どのタイミグで、どのホストのVMをvMotionで逃がせばよいか」が明確に指示されるので割と便利になりました。

都度vMotionを手動で実行するのは面倒なのでPowerCLIでスクリプト組んでおくか、8ノード以上のクラスタで利用する場合はやはりEnterprise Plus相当のライセンスでDRSを有効にしておくことがお勧めです。

【iSCSI データストア利用時にも問題なくバージョンアップできるようになった】

iSCSIの外部データストアをマウントした状態のホストがあるとVxRailのアップグレードに失敗する問題<https://support.emc.com/kb/495553> が解決しました。

事前準備として、今回はVxRail 3.5のクラスタでSoftware iSCSIを有効化して、外部のUnityからiSCSiデータストアを接続しました。

※一般的なiSCSIの有効化ですが、ネットワークの構成によってPortBindを利用するか否かが違いますので、詳細は<ESX/ESXi でソフトウェア iSCSI ポート バインディングを使用する際の考慮事項 (2080447) | VMware KB>を参照ください。

FILESV01_Unity-VxRail_20170502_053.png

iSCSI Software Adapterが有効化されます。

FILESV01_Unity-VxRail_20170502_057.png

vDSにiSCSI用のポートグループを作成し、2つの10GbE NICにそれぞれ1つずつ割り当てます(チーミングを組まない)

FILESV01_Unity-VxRail_20170502_081.png

FILESV01_Unity-VxRail_20170502_082.png

FILESV01_Unity-VxRail_20170502_072.png

※iSCSIの場合はNICチーミングではなく、マルチパスで冗長化します。

今回の構成ではPort Bindを有効にしておきます。

FILESV01_Unity-VxRail_20170502_086.png

ここまで来たら、Unity側にVxRailのvCenterを登録し、UnityのUIからiSCSIデータストアを作成し、同時にVxRailにもマウントしてしまいます。

UnityのUIでVxRailの各ホストがリストされる事を確認し、

FILESV01_Unity-VxRail_20170502_098.png

Unityの「Vmware」タブからデータストアを追加します。

FILESV01_Unity-VxRail_20170502_099.png

FILESV01_Unity-VxRail_20170502_099.png

FILESV01_Unity-VxRail_20170502_099.png

VxRailの4ホストにチェックを入れれば、

FILESV01_Unity-VxRail_20170502_106.png

データストアの作成完了と同時に、

FILESV01_Unity-VxRail_20170502_118.png

VxRailのvCenter Web ClientからもiSCSIデータストアがマルチパスでマウントされている事がすぐに確認できます。

FILESV01_Unity-VxRail_20170502_124.png

iSCSIデータストア有のVxRail 3.5からVxRail 4.0.200へのアップグレード

上で作成したVxRail 3.5の環境から4.0.200へのアップグレードは、

いったんVxRail Managerだけ4.0.100に更新し、その後vSphere含めて4.0.200のコンポーネントに更新します。

FILESV01_VxRail3.5-4.0.2_20170427_005.png

VxRail Manager 4.0.100に更新後、VxRail 4.0.200のパッケージをアップロードします。

FILESV01_VxRail3.5-4.0.2_20170427_016.png

そこからは、今までのVxRail アップグレードと同様にPSC、vCenter、各ホストが更新され、iSCSIデータストアがマウントされていても問題なくアップグレードが完了しましたので、キャプチャは省略します。

【vCenter 6.0u3から推奨となったPSCのメモリ4GBが反映されないVMware側のKnown Issueへの備え】

VxRail 4.0.132からvCenter 6.0U3となっていますが、6.0U3以降ではPSCのメモリは4GBが推奨となります。

vCenterのリリースノートの既知の不具合にありますが、VxRailの環境でもPSCが推奨の4GBには自動で更新されないので、必要に応じて手動で更新する必要があります。

※弊社の作業した環境で、1件、アップグレード中にPSCが正しく再起動せず、再起動後もメモリ不足のアラートが出ていたものがありましたが、これは事後に4GBにメモリを増量することでアラートが消えました。

アップグレード作業で本件が不安な場合は、事前にリリースノートの以下の手順でメモリを増やしておくことを推奨します。

—-

VMware vCenter Server 6.0 Update 3 リリース ノート

  • vCenter Server Appliance 6.0.x から 6.0 Update 3 へのアップデート中に Platform Services Controller のメモリが変更されない

    vCenter Server Appliance の Platform Services Controller を 6.0.x から 6.0 Update 3 にアップデートするときに、Platform Services Controller のメモリが変更されず、2 GB のままになります。

    • 回避策:この問題を回避するには、次の手順を実行します。
      1. vCenter Server Appliance 仮想マシンの Platform Services Controller をパワーオフします。
      2. 仮想マシンの [設定の編集] から、メモリ サイズを手動で増やします。
      3. vCenter Server Appliance 仮想マシンの Platform Services Controller をパワーオンします。

注:vCenter Server Appliance の Platform Services Controller は、フレッシュ インストールおよび 5.5.x から 6.0 Update 3 へのアップグレード時には、デフォルトで 4 GB のメモリを使用します。

—-

※PSCのメモリを増量して起動後、vCenterとの通信がうまくいかない場合はvCSAも再起動してください。

一応、Communityで質問したところ、開発側のAlekseyさんからも解答をもらえました。

About PSC memory size on VxRail 4.0.200 (vSphere6.0u3a~)

【アップグレード時に失敗すると面倒なイメージプロファイルの欠落事象の事前チェック】



極稀にホストのアップグレード中に失敗する事象があります。

原因はよくわからないのですが、赤枠で囲った部分、ホストの「イメージプロファイル」が欠落している場合、アップグレードのVIBが適用できずに失敗してしましますので、

アップグレードの事前に全ホストの「イメージプロファイル」の状態は確認しておいた方が良いです。

※VxRail Managerでの事前チェックではここが確認されない。

FILESV01_VxRail4.0.2-StdLic_20170506_032.png

このイメージプロファイル(ESXiホスト内のimgdb.tgz)が壊れる事象のワークアラウンドはKB<https://support.emc.com/kb/494822>も公開されているのですが、

アップグレード中にエラーが出るのは心臓によくないので、事前にチェックしておいた方が吉です。

※手順はほかの健全はホストからimgdb.tgzをコピーして適用します。



Related:

Re: Add ViPR provisioned storage to new ESXi cluster nodes

Not sure if there is any documented procedure…

If I’m correct EHC 4.1 is running VIPR 3.0, so the following only applies to VIPR 3.0 !

– if you left the Auto-Export flag Enabled on the ESX cluster in VIPR, then VIPR will automatically update the Shared ExportGroup as soon as a new ESX host joins the cluster and VIPR discovers the vCenter.

– if you disabled the Auto-Export flag, the you would have to manually add the new host into the Shared ExportGroup via VIPRCLI (viprcli exportgroup update …) or VIPR API.

In VIPR 3.5, all above is deprecated due to the new concept of Events (and Auto-Export was removed from the product).

Related:

We’re moving…to Windows 10!

EMC logo


By the end of 2017, the client PCs of all 138,000 employees who are part of Dell Technologies companies, plus all the locked and automated PCs that support our business, will be using the latest operating system from Microsoft. We’d like to suggest that all our customers consider making the move sooner rather than later, too.

Our Windows 10 migration is a big move for us, just as it will be for any organization our size and even for much smaller enterprises. But our own digital transformation demanded it. Even more, we owe it to our customers that we migrate ourselves before they are forced to do so when Microsoft ends Windows 7 support in 2020. That’s because we want to be able to share our experience and knowledge to help them migrate as smoothly and effectively as possible.

Windows 10: Three core enhancements 

What do you gain by moving your own organization to Windows 10? For starters, you’ll be able to take advantage of three core Windows enhancements: strengthened security, new productivity features, and an update model that can save IT time and effort. More specifically:

  • Security: Windows 10 delivers a much stronger security model built on a foundation of 64-bit Unified Extensible Firmware Interface (UEFI) Secure Boot. This model includes advanced security measures, such as Credential Guard and Device Guard, both of which we are implementing. The first will help us protect against pass-the-hash attacks, and the second will help us eliminate exploits, viruses and malware.
  • Productivity: Many of your employees may already be using Windows 10 at home, just as ours are, and they are familiar with its many user enhancements, such as the new Start menu, an improved Windows Explorer and Cortana. This familiarity means that workplace adoption will be easier. Additional user-focused enhancements like Continuum and Windows Hello make the new OS more attractive to many more worker profiles across a typical large organization.
  • Currency: Windows 10 introduces the Windows-as-a-service (WaaS) delivery model, which provides the latest features and functionality via monthly updates and semi-annual upgrades, enabling IT to plan better. Windows 10 remote and self-install functions make it much faster and more efficient to deploy. This not only improves the user experience, but also can cut IT’s time and expense by reducing or eliminating desk visits and having to physically engage user devices.

Key benefits that can kick your digital transformation into high gear

With these enhancements, Windows 10 can help you accelerate your organization’s digital transformation into one that’s eve faster, more efficient and more responsive. And Windows 10 has three ways to help you and your IT team members in this journey.

First, it’s business-ready, with the WaaS model that enables enterprises to validate and test applications, update security, and add new features and upgrades more often.

Second, Windows 10 is always current. By making updates (i.e., patches) cumulative and an all-or-nothing proposition, Microsoft standardizes the OS base of its customers to a common configuration. This helps ensure business continuity while also support faster innovation in business applications.

Third, Windows 10 provides major upgrades twice a year, so enterprises can count on the number of Current Branch for Business (CBB) configurations at any one time to be just two — current and upcoming. This reduces triage and troubleshooting for IT, while boosting security.

A sensible approach: What worked for us

At Dell EMC, we took a three-phased approach that we suggest other organizations adopt: prepare your infrastructure, application validation and testing, and migrate your users and client base in steps.

Phase 1: Prepare infrastructure. We evaluated our infrastructure as a whole and assessed our group strategies to streamline policy creation and our testing processes. We’re using the Microsoft Deployment Toolkit with Windows Server Update Services to create our reference images. Also, we’ve followed Microsoft guidelines for Configuration Manager versions in support of Windows as a service, beginning with System Center Configuration Manager Build 1511. More info.

Phase 2: Application validation and testing. With its cumulative “always current” updates and tight timeline between releases, Dell EMC chose to use Windows 10 Current Branch for Business as the edition for most of our application deployment scenarios. Of course, your situation may be different, so consider the two other Windows 10 editions, Current Branch and Long-Term Servicing Branch, to determine what’s best for you. More info.

Phase 3: Migrate users/clients. In this phase, we’ve taken deployment approach for Windows 10 along three different paths to standardization: new hires and refreshes, wipe and reloads, and upgrades. The first is the easiest. The second involves anyone with technical issues. The third is the most challenging, with the far greatest numbers of users. But using Configuration Manager, we continually review and level-up clients with background updates, so they are ready to upgrade to Windows 10. More info.

Getting Started

If you need help with your organization’s Windows 10 migration, we invite you to learn more about how Dell EMC can provide Windows 10 migration assistance. Also, check out our CIO Scott Pittman’s blog for much greater detail on Dell EMC’s Windows 10 migration than we can provide here.

Lastly, we’ve also have permission to share an extremely valuable Gartner report, Optimize Your Cost to Migrate to Windows 10 Using Gartner’s Cost Model. It explains the key determinants to Windows 10 migration costs that you should be aware of, as well as some recommendations to consider.



ENCLOSURE:https://blog.dellemc.com/uploads/2017/06/dell-latitude-man-office_10.jpg

Update your feed preferences


   

   


   


   

submit to reddit
   

Related: