Wikibon:混合云不省钱?也许你上的不是真正混合云

今年早些的时候,Wikibon提出了一个理论:最佳混合云策略应该基于集成的超融合基础设施,而不是基于传统服务器和传统SAN构建的传统企业架构。

在Wikibon看来,即使传统企业架构与云服务商组合,也不是真正的混合云,因为企业内部没有实现真正私有云

到这里,我们看到Wikibon又提出了两个新名词,真正混合云和真正私有云,Wikibon对它们进行了如下定义:

真正私有云:区别于一般私有云,真正私有云在于产品各个方面的完整性,包括价格、敏捷、服务广度的完整性,特别重要的一点是与供应商有紧密的关系,购买、支持、维护和升级都与单独供应商打交道,并且真正私有云采用内部部署(On-Premise)模式。

真正混合云:实现的前提是企业内部先有真正私有云,然后与云服务商组合,提供相同的超融合软硬件,例如:

  • VMware在AWS云端和本地提供相同的服务;
  • Orcale提供的Oracle云一体机与在云端部署的软硬件相同;
  • EMC向服务提供商和企业客户提供具有ScaleIO的VxRack超融合。

针对上述理论,最近Wikibon发布了一份报告进行验证,从经济角度分析传统服务器和传统SAN解决方案与超融合Server SAN解决方案,其中以EMC VxRack&Scale IO为例。

传统白牌机&存储阵列 VS. EMC VxRack&ScaleIO

初期投资

上:传统白牌机&存储阵列和EMC VxRack&ScaleIO三年费用对比

下:每月现金流



根据Wikibon的分析,传统SAN解决方案的初始投资为73.4万美元,而超融合系统的初始投资为40.5万美元。HCI解决方案的前期购买成本较低,不仅是设备成本降低(存储阵列被DAS替代,专门的光纤通道网络和HBA也不再需要),也是因为大多数客户只需要购买短期所需要的内容,而不是购买长期未知的需求,而超融合按需扩展可以很好的帮助用户节约成本。

时间价值

配置、安装和测试传统白牌机&存储阵列需要323天时间,超融合基础设置只要6天。这是工程系统解决方案的优点之一,系统预先集成,预先验证并准备部署。



3年项目明细

总结

对于基础设施的大规模部署,Wikibon认为工程系统(超融合)解决方案成为企业和云提供商的强大竞争者,并建议将其包含在任何内部部署(On-Premise)或服务提供商的解决方案中。

在构建IT基础架构以实现灵活的混合云解决方案时,Wikibon认为,使用同样的存储技术和业务流程/自动化软件,在相同的超融合Server SAN解决方案中运行(无论在本地还是公有云)是可取的。这将最大限度地降低成本,在数据放置方面提供更大灵活性,并为今后的混合云提供良好的基础。



Related:

  • No Related Posts

未来三年的存储战略规划,Gartner认为应该这样实现

最近,Gartner发布了存储战略中长期路线图,报告中,Gartner 认为:“发展私有/公共/混合云战”“将I&O(基础设施和运营)与业务相适应”“遗留应用程序现代化”“寻找/留住IT人才”“贯彻双模IT”将成为IT基础设施面临的五大最具挑战性问题。

※双模IT指两种IT模式,模式1是传统的,强调效率、安全和可靠性;模式2是非线性的,强调敏捷性和创新。

面对这五大挑战,Gartner从技术、管理及技能需求方面,描述了可帮助存储主管理解,并对即将到来的变革做好准备的关键趋势。同时还列出了现在与未来场景之间,存储技术及管理的关键性壁垒,并为成功走向未来提供了一份路线图

下面从存储的当下与未来看看战略路线图需要如何制定:

未来场景中,存储将被敏捷性、性能、延展性及成本定义,而公有云存储将主要作为原生云工作负载的一部分部署在IaaS环境中。双模IT继续普及,在模式1与模式2间协作将成为数字化商务的一种常态。

Gartner建议适时采用新存储技术来提高性能、敏捷性、易用性并降低成本,从而实现未来的理想状态。这些技术包括固态存储、云存储、超融合、SDS及潜在的开源解决方案。而在当下,数据、存储与性能之间管理仍然存在挑战,并且随着公有云服务商提供越来越多的差异化服务,公有云存储定价愈发复杂,双模式IT虽然越来越普遍,但使用率在各组织之间的差距仍然很大。

阻碍由现在过度到未来场景的壁垒,Gartner认为主要源自以下三点:



  1. 存储基础设施管理需要高技术人才资源。
  2. 公有云存储服务的基础设施透明度、恢复功能不足,并且需要新功能。
  3. 数字化业务及双模IT在组织的各个部门采用率大大不同。

以上趋势和挑战,Gartner制定了一份存储战略路线图计划,这个计划被分解为短期(高优先级)、中期(中等优先级)和长期(低优先级)项目,每一类优先级对应一系列项目的启动,在2017年先进行高优先级的项目。这个计划将帮助I&O领导者建立一个与业务联系更紧密的存储环境,并简化存储管理。

短期计划

将新技术策略性地部署到高增长,高影响的应用环境中。

SSAs、混合存储阵列和集成系统缩短了在数据中心部署这些相关技术的投资回报率。尽管最初的部署可能只是战略上的,但与简化数据迁移/转换工具的可用性相结合后,这些系统的可扩展性通常会使它们成为战略投资。

评估在云优先战略下使用公共云存储服务的因素

许多企业采用公有云存储作为云优先战略的先头部署计划,旨在为IT服务的交付带来敏捷性。但需要注意的是,云存储的一系列服务中,定价和性能水平各不相同,缺乏可用性的保证,可能需要在安全政策和程序方面进行改变,并且仍然需要进行存储管理。

创建一支敏捷型团队来应对模式2的需求

IT部门需要为团队中一小部分优秀的员工提供包括公有云和SaaS在内的双模培训,以增加他们在基础设施方面的知识,这将有助于业务部门快速高效的布置项目。

中期计划

创建双模I&O愿景,并且在政策、过程及组织上作出改变

首先,须认识到模式1与模式2在属性、技能和态度方面的需求有所不同,然后进行组织上的变革。下表列出了双模式下I&O的不同属性:





在本地部署和公共云之间权衡

在将应用数据转移至公有云存储之前,须权衡相对于公有云存储方案,本地部署存储系统的优势。并不是所有迁移至公有云的过程都是成功的,也并不总是比本地部署方案成本更低。

新型存储系统技术,超融合、软件定义数据中心以及新的交付模式提供了类似云的按需扩展能力,能够降低TCO,在提高敏捷性和容灾可用性的同时,也降低了将应用或程序转移到云上的成本和风险。因此,基于组织中的优先级,采取本地部署还是转移至云端成为了一个着实需要考虑的问题。其中最重要的是对应用存储的选择,需考虑所有相关方面以及安全上的需求。

员工的再培训

在实施双模策略的过程中,员工的技能水平也要发生相应变化。



长期计划

扩大与业务部门的合作,使双模式操作取得成功

模式2的成功,IT将能够在业务上提供价值。通过将模式2应用部署在云端,IT还可以获得在公有云方面的专业知识,并且更深刻的认识到其优势和弊端。这些经验将使得IT基础设施与运营变得更加灵敏,与业务更加配合。

将本地部署与公有云紧密整合

将这种整合深化至基础设施级别,深化服务。具有财务和运营效益,以及新的本地部署技术和云存储风险方面的实际经验,将提升IT部门提供敏捷、具有成本效益的服务的能力。同时,这使得IT能够更好的扩展使用IaaS、SaaS以及超融合这些正在占据市场份额的解决方案。

积极支持业务数字化

通过积极拥抱业务数字化,IT部门将从成本中心进化为组织中的竞争优势。同时,IT还能够对模式2的设计产生影响,并从中获取宝贵的相关技能,而不是被动回应。

Related:

  • No Related Posts

得IT三剑客相助,西南某院实现十年跨越

一家位于云南省的三甲医院,我们称它为Q院,曾经面临着医院员工外出刻盘存放数据窘境,在通过EMC三剑客——“大成剑客VxRail”、“守护剑客Data Domain”、“独孤剑客Isilon”的相助后,如今已练就一身武功,一跃成为该地区信息化建设的“扛把子”。下面来详细说说它的故事。



容量不够刻盘来凑,原有架构亟待革新

过去,Q医院的信息化道路走得比较滞后:没有建立SAN,没有虚拟化,没有磁盘阵列,只靠几台物理服务器来支持全院的业务运转,且没有全院级的备份功能。随着业务量的逐年增长,医院信息系统的性能瓶颈开始凸显,其中最明显的就是PACS。



“我们以前没有统一的数据存放,每个科室都用自己独立的MINI-PACS来存放影像数据。当容量不够时,有的科室甚至自己去刻光盘来存放,导致数据管理维护非常麻烦。”

——Q院信息中心主任负责人



面对PACS的问题,Q医院自然想到扩充PACS,通过建立全院级PACS系统来解决影像数据存放难题。项目论证的过程中,Q医院始终保持开放学习的心态,积极了解同行的成功经验。经过深入调研分析,Q医院认为:仅升级PACS系统并不能解决根本问题。

影像数据的特征是并发访问小,对数据吞吐能力需求高,仅升级PACS系统,无法应对日后高精度CT、MR、DSR等医疗影像设备上线后的大数据爆发增长,更何况从架构根基上看也存在缺陷,且备份措施的缺乏,数据安全始终得不到保障。种种因素叠加,Q医院决定对医院IT架构进行一次彻底改造。



“原本我们只想升级PACS系统,但经过深入调研分析后,我们认为应该对医院未来发展做长远考虑,不能头痛医头脚痛医脚,所以下决心对医院信息系统进行彻底改造升级。”该院信息中心主任负责人说。

EMC三剑客,实现IT架构从0到1

IT架构“不破不立”,Q医院结合自身实际,着眼于医院未来业务发展需要,通过与EMC合作,完成了IT架构的“转型升级”。“EMC大品牌技术领先,服务做得好,当时我们提出这一套整体的IT架构改造计划,也确实只有EMC能够做到”。负责人说

通过引入EMC IT架构三剑客——“大成剑客”VxRail超融合、“独孤剑客”Isilon横向扩展NAS、“守护剑客”Data Domain数据保护这一套完整的解决方案,全面升级IT基础架构。彻底解决了影像存储不足,性能较低,备份缺乏等问题,新架构可同时满足高性能、大容量和容灾需求。

大成剑客VxRail是一款基于VMware虚拟化架构并真正实现系统核心层,全面集成、预先配置和测试验证的超融合架构。VxRail上线后,医院原本各台物理单机运行的HIS、LIS、EMR、合理用药等全部迁移到VxRail,为医院所有类型应用和工作负载提供了计算、网络、存储、虚拟化和管理。



系统改造前,Q医院仅HIS拥有备份,其余EMR、LIS等都没有备份措施。一旦发生宕机,整个医院的正常运转将会受到很大影响。现在,通过守护剑客Data Domain以及VxRail内嵌的RecoverPoint for VM“影子虚机”保护软件,对HIS、LIS、PACS、EMR、OA等15个关键虚拟机执行CDP连续数据保护,将影子虚机副本保存到Isilon上存放,确保其RTO=0、RPO=0,实现秒级的数据恢复,全面保护数据安全。

独孤剑客Isilon专注非结构化数据存储。 “PACS系统原本一直是我们的心病,如今这块大石头终于落地了。”负责人说。借助Isilon横向扩展NAS建立的全院级PACS系统,采用“在线+近线归档”的分级存储体系架构,日益庞大的影像文件得到有效管理,近期产生的动态数据采用在线SAN形式存储,历史静态数据(半年以上)进行NAS归档。未来医院的PACS系统即使遇到瓶颈,简单地扩容便可同步解决性能与容量的问题。

VxRai承载虚拟化平台(关键业务高性能)+Isilon 横向扩展NAS(性能与容量线性扩展)+Data Domain(连续数据保护),EMC整体解决方案帮助Q医院完成了从“0”到“1”的一步式跨越,为全院未来的数字化道路打下了坚实的基础,一跃成为整个云南省医院信息化建设的“排头兵”。“现在这一套IT新架构规划好了我们未来的技术路线,以后我们无需担心架构本身的问题,只要不断扩展就可以了,我们的医生再也不用跑去外面刻光盘存数据啦!”负责人笑着说。

客户证言:

“我们以前没有统一的数据存放,每个科室都用自己独立的MINI-PACS来存放影像数据。当容量不够时,有的科室甚至自己去刻光盘来存放,导致数据管理维护非常麻烦。现在通过Isilon建立了全院级PACS系统,影像资料的存放调用都非常方便。”

客户名称:西南某人民医院

项目名称:超融合云数据中心规划

项目时间:2017年3月上线

应用环境:HIS、EMR、PACS、LIS等核心业务

业务挑战:核心业务性能瓶颈、影像存储空间不足、备份需求无法满足

解决方案:全闪存阵列XtremIO、横向扩展NAS Isilon、Data Domain、RecoverPoint for VMs连续数据保护。

客户收益:

– 关键业务高性能

– 影像数据大容量、易扩容

– 核心数据不丢失

– 系统管理集中、简单便捷

– 奠定数字化道路的未来基础



Related:

  • No Related Posts

VMworld 2017大会5个值得关注的安全发布

原文出处: ZDNet http://security.zhiding.cn/security_zone/2017/0830/3097510.shtml

本周在拉斯维加斯举行的VMworld 2017年,安全成为关注焦点。

VMworld 2017大会5个值得关注的安全发布

本周一,VMware公布了期待已久的应用安全产品,其他多家安全厂商也公布了他们为了帮助确保VMware软件定义数据中心产品组合安全性。来自VMware的高管及其技术合作伙伴强调将安全性带入应用、软件定义数据中心和公有云新世界的重要性。对于那些正在寻求帮助他们客户确保公有、私有和虚拟环境安全性的合作伙伴,可以看看今年VMworld大会上值得关注的5个安全公布。

VMware AppDefense

VMworld 2017大会5个值得关注的安全发布

在VMworld上率先做安全发布的VMware,推出了外界期待已久的基于云和基于虚拟机的安全产品。VMware称,这款解决方案——也就是之前的“Goldilocks”,但是现在名为VMware AppDefense——帮助客户保护基于VMware NSX软件定义网络平台的应用和基础设施。这个平台专注于应用和基础设施安全性,以及与技术厂商合作的整个生态系统。将该平台与VMware NSX的捆绑,也让AppDefense能够捕获和发现应用并确定应用的行为,检测应用出现的问题,并对应用发起的攻击做出响应。

Carbon Black

VMworld 2017大会5个值得关注的安全发布

Carbon Black宣布将与VMware合作把该公司的端点安全解决方案与VMware新推出的AppDefense产品相结合。Carbon Black表示,AppDefense现在可以利用该公司的Collective Defense Cloud来帮助分类应用。Carbon Black表示,这款综合解决方案包括针对虚拟环境和云环境的行为控制能力、编排和自动化、融合运作等。

VMware安全产品高级副总裁Tom Corn在谈到双方合作的声明中表示:“有了AppDefense,现在VMware正在为软件定义数据中心重新定义安全。通过与Carbon Black的合作,我们将推动业界朝着一种新安全模式发展,让客户能够保护他们的虚拟化环境不受最新的高级威胁影响。”

Palo Alto Networks

VMworld 2017大会5个值得关注的安全发布

Palo Alto Networks在VMworld上宣布,已经将它的下一代安全平台扩展到VMware Cloud on AWS,此举将VMware的软件定义数据中心解决方案与AWS还有Palo Alto Networks安全平台相结合。Palo Alto Networks表示,此举将帮助客户通过使用一款集成的产品确保他们的VMware Cloud on AWS环境免受攻击。

“通过为VMware Cloud on AWS提供我们的平台,客户可以安全地迁移应用和数据,同时将他们的软件定义数据中心转型为一个混合云架构,该架构将可扩展性和敏捷性与本地部署资源相结合,”Palo Alto Networks业务开发副总裁Terry Ramos在声明中表示。Palo Alto Networks称,这将从AWS西部地区开始提供。

Fortinet

VMworld 2017大会5个值得关注的安全发布

Fortinet在本周一宣布也将自己的FortiGate Virtual Machine安全产品扩展到VMware Cloud on AWS客户。Fortinet表示,这次发布将把VMware的软件定义数据中心解决方案与AWS以及FortiGate安全解决方案相结合,为他们提供Fortinet威胁情报、操作系统、以及虚拟的、私有的、公有的云安全能力。

“企业正在越来越多地采用混合云架构,将本地部署的私有云与高级公有云资源整合,利用其规模和性能方面的优势,但是一致的安全性是最重要的。VMware和Fortinet在为软件定义数据中心提供虚拟化安全方面是有长期合作关系的,今天我们将双方的合作扩大到VMware Cloud on AWS客户,提供无缝过渡到混合云环境所要求的安全控制、可见性和分段功能,”Fortinet公司产品和解决方案高级副总裁John Maddison在声明中表示。Fortinet称,这次将首先在AWS美国西部地区提供。

Bitdefender

VMworld 2017大会5个值得关注的安全发布

Bitdefender在今年的VMworld大会上,强调自己的GravityZone安全平台与VMware软件定义数据中心技术之间的集成。Bitdefender表示,它的安全平台是一套认证的VMware Ready Networking and Security解决方案,整合了VMware套件以简化平台的安全性。Bitdefender表示,功能方面包括跨公有、私有和虚拟机的安全管理、自动化、无代理部署以及从VMware vCNS到NSX的无缝过渡。

Bitdefender公司企业解决方案副总裁Harish Agastya表示:“在网络攻击不断的环境中,企业组织保护数据中心工作负载、防止泄露的能力,与实现基础设施投资回报最大化一样重要。企业投资软件定义数据中心技术以获得运营敏捷性和效率,同时最大程度发挥他们数据中心基础设施的性能和利用率。不过,目前市场中很多数据中心安全解决方案迫使企业不得不在安全效能与数据中心性能之间做出选择。而在Bitdefender,我们确保客户能够实现双赢,采用构建在高效、敏捷、可扩展的架构之上屡获殊荣的、分层的下一代数据中心安全性。”

Related:

  • No Related Posts

EMC紧密集成VMware 更新超融合和数据保护平台

原文出处:ZDNet http://stor-age.zhiding.cn/stor-age/2017/0829/3097442.shtml

EMC公司在本周的VMworld更新了自己的超融合基础设施产品线,加强对VMware客户的支持。

此外EMC还增加了一个数据保护服务以满足客户大量备份和恢复需求。新的HCI平台包含一个更高速度的VxRail一体机,以及VxRack软件定义数据中心系统,且都带有增强的VMware原生功能。EMC还表示,它的HCI产品线将运行在40种不同配置的PowerEdge服务器上。

VxRail 4.5IOPS性能提升达50%,响应时间增加近35%。这个新推出的服务器还设计得更加易于部署,其功能可以让部署多个节点简单得如部署一个节点一样。升级也非常简单,因为采用了基于RESTAPI,通过这个API可以同时跨整个集群提供软件升级。此外现在也嵌入了VMwarevSAN加密功能。

分析公司Wikibon高级分析师Stu Miniman表示:“EMC有目前市场中最广泛的融合和超融合产品组合,而且VMware是这个市场中最重要的参与者。他们的定位是,他们是唯一一家内嵌VMware的机架级超融合解决方案提供商,提供了多种方式选择:VxRailVxRack、还有自建。”

新的VxRack是与VMware共同设计的,管理效率提升80%EMC融合平台及系统部门营销副总裁Bob Wambach表示。其中包括实现整个VMware堆栈的自动化,支持VMware Horizon 7.1虚拟桌面基础设施。

Wambach表示:“这是在机架级的一体化混合云。你可以运行任何应用工作负载,在本地环境,或者在公有云中。”他补充说,新推出的VxRack是“最好的Cloud Foundry环境”,指的是来自VMware姊妹公司Pivotal的平台即服务。

VxRack SDDC将原生支持EMCEnterprise Hybrid CloudNative Hybrid Cloud平台,通过全生命周期管理和单点联系支持,简化了通向混合云操作模式的路径。Enterprise Hybrid Cloud现在已经在VxRack SDDC上支持,早期计划中还提供了对Native Cloud的支持。

在数据保护方面,EMCData Protection Suite for Applications瞄准了有大量复杂环境的VMware站点。“很多客户现在管理者50多、60TB的数据库。”EMC数据保护产品营销高级总监Ruya Atac-Barrett表示。“虚拟机蔓延和更严格的法规要求,正在让数据保护变得更具挑战。传统产品不支持客户的需求,大数据保护需要是零干预、接近即时的。”

因此,EMC将与VMware vSphere广泛的自动化和原生集成构建到软件定义的数据保护架构中,并称这可以简化大型环境中的备份和恢复,不管是本地部署环境还是在AWS云中。

这次发布的版本备份速度与传统方法相比快了5倍,通过一种直接从VMware虚拟机管理程序通向EMC Data Domain的新数据路径。应用数据库所有者可以管理他们自己的数据保护需求。这个软件发现企业中的拷贝,让管理员能够在现有服务水平目标和策略下进行管理。

这个升级套件还提供了对融合基础设施的扩展支持,特别是VxRail一体机。在微软SQL Server上的支持计划是下个月提供,对Oracle数据库的支持计划是在第四季度。EMC表示,将会公布灵活的消费模式,但是没有提供更多细节。

Related:

  • No Related Posts

Re: Installation ADTS 7.2 – Error createKey.bat

Not able to install ADTS 7.3

20:41:11,306 INFO [Thread-24] com.documentum.install.shared.installanywhere.actions.DiWAIncludeDiServices – Found bundled java home: C:Documentumjava64JAVA_LINK

20:41:11,926 INFO [Thread-26] com.documentum.install.mts.installanywhere.actions.DiWAMTSInit – The system has installed some CTS products.

20:41:11,926 INFO [Thread-26] com.documentum.install.mts.installanywhere.actions.DiWAMTSInit – The version is 7.3.0000.0092

20:46:03,267 INFO [AWT-EventQueue-0] com.documentum.install.shared.installanywhere.plugins.DiWPLicenseAgreementPanel – UserSelection: “I accept the terms of the license agreement.”

20:46:10,680 INFO [Thread-44] com.documentum.install.shared.installanywhere.plugins.DiPAUpdatePropertiesFile – Updating C:DocumentumCTSconfiglog4j.properties

20:46:10,697 ERROR [Thread-44] com.documentum.install.shared.installanywhere.plugins.DiPAUpdatePropertiesFile – The system cannot find the path specified

java.io.IOException: The system cannot find the path specified

at java.io.WinNTFileSystem.createFileExclusively(Native Method)

at java.io.File.createNewFile(File.java:1012)

at com.documentum.install.shared.common.services.DiProperties.flush(DiProperties.java:396)

at com.documentum.install.shared.common.services.DiUtil.updatePropertiesFile(DiUtil.java:2287)

at com.documentum.install.shared.installanywhere.plugins.DiPAUpdatePropertiesFile.setup(DiPAUpdatePropertiesFile.java:43)

at com.documentum.install.shared.installanywhere.actions.InstallWizardAction.install(InstallWizardAction.java:75)

at com.zerog.ia.installer.actions.CustomAction.installSelf(Unknown Source)

at com.zerog.ia.installer.actions.PlugInAction.installSelf(Unknown Source)

Related:

  • No Related Posts

ITトランスフォーメーション成熟度曲線:APJサービスからの視点

FD.png

シニア バイス プレジデント

Dell EMCコンサルティング リード APJおよびEMEA地域担当

Frederic Dussart



あなたの会社は「ITトランスフォーメーション成熟度曲線」のどこに位置していますか?

2017年 ITトランスフォーメーション成熟度曲線」の調査によれば、ITトランスフォーメーションが成熟に達したとされる企業のIT部門はわずか5%であることが判明しました。ただし、残りの95%の組織にもよいニュースがありました。成熟度曲線に沿って徐々に進歩を遂げていくことで、俊敏性とコスト効率の面で目に見える成果が得られ、これがさらなるトランスフォーメーションの加速に貢献することが示されたのです。


APJ(アジア太平洋および日本)地域では世界の他の地域と同様に、デジタル時代の創造的破壊に対する期待と危機感によって、ビジネスモデルとITモデルを変革させようという機運が企業に生まれています。

APJ地域では、あらゆる企業がより確実な方法でデジタル トランスフォーメーションやITトランスフォーメーションを取り入れようとしています。その原動力となっているのは、変化するビジネス モデルとされています。お客様は迅速に前進する必要性を感じ、また置き去りにされることへの危機感に直面しています。オーストラリアなどの成熟市場の一部では、ITトランスフォーメーション サービスに対する需要が1年以上前から急増し始めました。この1年間において、コストを削減し、デジタル市場での競争に必要なイノベーションを推進するためのITトランスフォーメーションに対するプレッシャーが地域全体に押し寄せてきています。

Dell EMCは、APJ地域において、すでにいくつかのプロジェクトを実施しており、ITトランスフォーメーション プロジェクトの成功から新たな俊敏性や耐障害性を得て、コスト効率化を実現できるよう、お客様を支援しています。たとえば、次のような例があります。

  • E-Konek Pilipinasは、物流および運輸業のLina Group of CompaniesにSaaS(サービスとしてのソフトウェア)を提供するITサービス プロバイダーであり、Dell EMCと提携して、エンタープライズ ハイブリッド クラウドを構築し、SaaSやIaaS(サービスとしてのインフラストラクチャ)のセルフ プロビジョニングを提供しています。現在、ユーザーは、従来に比べて迅速かつ容易にビジネス ニーズを満たすための新しいアプリケーションを導入できるようになりました。そしてIT部門では、新しいモバイル アプリやフィールド データのリアルタイム分析などのイノベーションや戦略的開発に、削減した運用コストを再投資できるようになりました。
  • ヤマハは、日本のDell EMCコンサルタントと協力して、300の運用システムをセキュリティで保護されたプライベート クラウド上に統合しました。これによって、社内のエンジニア、製品開発、サポート、財務、販売、マーケティング チームからのビジネス ニーズに迅速に対応できるようになりました。データ保護の再設計により、リモート サイトへの日次(従来は月次)のバックアップが可能になり、重要なデータやアプリケーションへのアクセスとその可用性が維持されています。

最近公開されたESG(Enterprise Strategy Group)Research Insightsのホワイト ペーパー(Dell EMCが委託)では、「ITトランスフォーメーションの成熟度に応じたITの俊敏性、イノベーション、成果の向上」に注目しています。この研究は、年間売上高が2億5000万ドルから200億ドル、従業員数が1,000人から2万人の企業に属する世界中のIT管理者1,000人を対象として実施されました。回答者の21%は、アジア(中国(10%)、日本(6%)、オーストラリア(5%))から得られています。研究対象となったAPJ地域の国々のうち、ITトランスフォーメーションに最大の意欲を持っているのは、日本でした。中国の企業は、そのペースを上げています。オーストラリアとニュージーランドが注目しているのは、DevOpsとアジャイルなアプリケーション開発です。

5%から学ぶこと

データ センター インフラストラクチャ、プロセスの自動化、ビジネスとITの連携、組織にまたがるカテゴリでの調査対象者の回答に基づいて、この調査では、組織を4つの成熟度ステージに分類しました。従来型、立ち上げ、発展中、トランスフォーメーション完了です。

ITトランスフォーメーションはデジタル時代におけるビジネスの成功に不可欠であるという認識が広まっていることが、この調査により明らかになりましたが、トランスフォーメーション完了の成熟基準に達している回答者は、わずか5%でした。

当然ながら、このような組織からは、主要パフォーマンス指標(KPI)全体においても、最高の成果が報告されています。たとえば、俊敏性と即応性、コストの効率化、新しいプロジェクトとイノベーションに対する資金調達レベルの向上、社内の関係者の満足度の向上、ビジネス上の成果の向上、将来に対する前向きな姿勢などです。

幸いなことに、成熟度曲線上のさまざまな場所に位置する95パーセントの組織についても、よいニュースがありました。成熟度のステージが上がるに連れて、これらのKPIについても明らかに改善が見られることが判明したのです。俊敏性、コスト効率、ビジネスにおける満足感達成の結果として得られたものによって、さらにトランスフォーメーションが加速します。

インフラストラクチャのトランスフォーメーションは不十分

おそらく、95%の組織が、「トランスフォーメーション完了」した5%の組織から学ぶことができる最も重要な教訓は、トランスフォーメーションは上層部が推進すべきということでしょう。

CEOが後援者となり、シニア レベルのイノベーションおよび戦略担当の役員が配置され、組織全体で取り組むことが不可欠です。このようなリーダーがデジタルエコノミーを取り入れ、イノベーションに積極的に投資し、新たなビジネス モデルの開発のリスクを受け入れることです。たとえば、ある消費者向け製品のメーカーでは、IoT(モノのインターネット)の一環として、すべての新製品で接続ができるようにすることをCEOが指示しました。同社の最新製品では、ユーザーがコミュニティで相互につながり、ヒントや経験を共有できるようになりました。

5%の組織から得られるもう1つの重要なインサイトは、インフラストラクチャのモダナイズ(最新鋭化)が必要とされながら、実は不十分であるということです。次のスライドは、成熟したとされるDell EMCのITトランスフォーメーションを活用するお客様、約30社から収集したデータに基づいていますが、18~26%のコスト削減のうち、レガシーなインフラストラクチャのオーバーホールによる投資収益率(棒グラフの緑色の「x86の専有面積」の部分)が占めるのは1%だけです。コスト削減の大部分は、人件費(運用モデルのトランスフォーメーション)とソフトウェア コスト(アプリケーションのトランスフォーメーション)によるものです。担当者、プロセス、テクノロジーを対象とする運用モデルのトランスフォーメーションは、俊敏なデジタル ビジネスの要求に対応するために必要です。アジャイル ソフトウェア開発とDevOps機能は、イノベーション、タイム トゥ マーケットの短縮、カスタマー エクスペリエンスの品質向上を実現してデジタルエコノミーで競争して勝利するために必要です。

ITTransformation.png

新興企業のように考える

APJ地域では、他の地域と同様に、リーダーは「デジタルを考え」、イノベーションを行って「迅速に前進する」、さもなければ後に取り残されるという緊迫感を養う必要があります。

新興企業との競争は、既存企業に変革を促す原動力となります。TeslaやUberなどの自動運転の企業によって、既存の自動車メーカーが自社の車の概念の再検討を強いられています。また、同様にモバイル サービス プロバイダーによる「FinTech」が銀行の地位を脅かす存在になっています。かのビル・ゲイツは、1994年に 「バンキングは必要だが、銀行は必要ではない」という挑発的な発言をしました。近年、彼は、おそらく先進国の消費者も、発展途上国の人々が利用している高度なモバイル バンキング サービスから、いつかメリットを得るようになるのではと考えています。

新興企業には、レガシーITという手の焼ける荷物がありません。しかし、既存企業には、貴重な顧客データ、サプライヤーとの関係、経験といった優れたリソースがあり、これらを活用できます。重要なことは、俊敏性を得てコスト効率化を実現するために、ITトランスフォーメーションの成熟度曲線に沿った移行を開始することです。今すぐ開始すべきです。企業が「技術的負債」を削減していけば、リソースをイノベーションにシフトして、継続的なトランスフォーメーションを加速させることができます。

APJ垂直的市場の動向

APJ地域では、ビジネス サービスや製造業の分野がITトランスフォーメーションへの道を牽引する一方で、小売、通信、銀行の分野は遅れを取り続けています。たとえば、既存の通信会社や小売業では物理インフラストラクチャや在庫管理に長く主眼が置かれており、ITのソフトウェア デファインド モデルへの移行を、いつ、どのように始めるかについては迷いが見られる場合があります。おそらくこのような業界は、新しいデジタル分野での競争相手という最も差し迫った事態に直面しているため、変革への着手を見通すことがさらに困難になっているのでしょう。

とは言うものの、ソフトウェア デファインドITの推進と、そこから得られる対価には目を惹き付けるものがあります。たとえば、ある大銀行は最近ITトランスフォーメーションのイニシアティブを完了しましたが、これによって提供までに要する時間が40日から2時間に短縮され、MVP(Minimum Viable Product)のリリースがわずか3カ月で可能になり、運用コストを30%削減できました。

内部からの破壊

ITトランスフォーメーションにとって何より必要となるのは、古い思考方法から脱却する力です。多くの組織は、リソースやスキルのギャップを埋めるためには提携や雇用が必要であることを認識していますが、さまざまな考え方を持つ新たな人材を雇用することから得られる価値について理解している組織となると、数は少なくなります。そして、これこそがDell EMC APJで現在積極的に推進している戦略です。多様な経験や視点を持つ人々を採用することによって、新しいアイデアが注入され、内部からの破壊が促されることを期待しているのです。

曲線上のどこに位置するのか

ITトランスフォーメーション セルフ アセスメントを使用して、皆様のIT部門がITトランスフォーメーションの成熟度曲線のどこに位置するかを確かめてみてください。

ブログ原文:https://infocus.emc.com/frederic_dussart/it-transformation-maturity-curve-an-apj-services-viewpoint/

関連ブログ:

  1. コンバージド インフラストラクチャのための最高のアプリケーションを識別する方法(インフォグラフィック)
  2. トランスフォーメーション プレイブックの書き直し
  3. 隠された関係を明らかにする:データセンター ブループリントの理由
  4. 中断を避けたいなら: デジタル トランスフォーメーションに関するトップ5の考慮事項

FD-intro.png

執筆者 Frederic Dussartについて

シニア バイス プレジデント Dell EMCコンサルティング リード APJおよびEMEA地域担当


Frédéric Dussartは、Dell EMCコンサルティング サービスのシニア バイス プレジデントです。Dell EMCコンサルティング サービスは、組織がテクノロジー、従業員、プロセス全体にわたるITトランスフォーメーションを実現するために必要な戦略的ガイダンスおよびテクノロジーに関する専門知識を提供しています。Fredericは、その役割において、Dell EMCの包括的なコンサルティング サービス製品を通じて、APJおよびEMEA地域のお客様がより多くの価値を得て、好影響を受けられるようにすることを責務としています。また、お客様の環境におけるDell EMCの全体的な戦略的占有領域を拡大して、成長と収益の向上を推進し、ビジネス アプリケーションやインフラストラクチャ機能に対するリーダーシップを発揮してきました。

現職以前は、EMEA全体のEMCグローバル サービスを4年間にわたり率いてきました。ここでは、プロフェッショナル サービス チーム(コンサルティングおよびテクノロジー サービスを含む)とカスタマー サービス チームのビジネスとパフォーマンスの両方の向上に貢献しました。

EMCグローバル サービス以前は、EMEA南部地域のシニア バイス プレジデント(2007年から)、フランスの地域カントリー マネージャ(2003年から)など、EMCでの他の上級職を担当していました。これらの役職において、EMCの製品、サービス、ソリューションの全体の提供およびサポートに従事し、この地域における成長とリーダーシップの獲得に貢献しました。

Frédéricは、HP(Hewlett-Packard)において約18年間にわたり、さまざまな役職を経験した後、2003年4月にEMCに入社しました。HPでの最後の役職は、パーソナル システムズ グループ担当の副社長兼ジェネラル マネージャでした。

土木工学の高等研究機関を1985年に修了しています。最近では、2005年にニューヨークのコロンビア大学のコロンビア シニア エグゼクティブ プログラムを修了しました。

役員室で戦略を練り、リーダーシップを振るう一方で、妻と3人の子供を持つ家庭的な人柄であり、趣味はゴルフやフランスの南海岸でのダイビングです。

Related:

Re: Data Domain のAD参加について

Data Domain : dd01.test.local

以下の手順でDDをADに参加させ、AD上のユーザでGUIもしくはCLIから

接続するにはどのようにしたらよろしいのでしょうか。

1) net set dns xxx.xxx.xxx.xxxx → dns を設定

2) cifs set authentication active-directory test.local xxxx.xxxx.xxxx.xxxx

3) ADのユーザ(administrator)でログイン

4) ADに正常参加

5) cifs show config で mode がActive – Directory になっていることを確認

<System Magager 接続>

ユーザ名:administrator@test.local を指定してログインを実行すると接続が出来ず。

<CLI接続>

ユーザ名:administrator@syemo.local を指定してログインを実行すると接続が出来ず。

1 何かSystem Manamager 側で設定が必要なのでしょうか。

2 AutenticationにはDomain Adminが追加されており、Domin Adminsに所属するユーザを指定しても

ログイン出来ませんでした。

3 AD参加後、DDのドメインネームを確認したら、localdomainに変更されておりました。

この動作は正しいのでしょうか。

どうぞよろしくお願い致します。

Related:

Re: 【RecoverPoint】ジャーナルサイズの最低容量について

RPのCRR構成システムにおいて、1日の更新量がソースの10%と想定しているシステムがあります。

このシステムでは、毎日1回Bookmarkを作成しています。

Bookmark作成時、Consokidation Policyに「Never consolidate this snapshot」を指定し、

他のスナップショットと統合されないBookmarkを作成しています。

また、CGのCopy Policyの設定において、Required Protection Windowに8日を指定し、

8日間Bookmarkが消えない設定としています。

ジャーナルのサイズは、7世代分のBookmarkを保持することを考慮し

ソースサイズ×10%×7世代分を準備するようにしています。

このような設計において、ソースを20TBにした際に

ジャーナルサイズは計算上14TB(=20TB×0.1×7世代分)となってしまいますが、

RPのジャーナルサイズの上限は10TBのため、10TBのLUNをジャーナルとして設定します。

上記設定において、ジャーナル容量を超えそうな書き込みがあったとしても

RPでは古いスナップショットから統合が行われ、ジャーナル容量が確保されるため、

8日間保持しているBookmarkは消えないで必ず残ると考えて問題ないでしょうか。

この場合、統合されるスナップショットの最大容量は、統合されないBookmarkを除いた

スナップショット容量となるでしょうか。

統合されないBookmarkを8日間保持するために必要なジャーナルサイズの最低容量は、

どのように算出すればよいでしょうか。

あともう1点ですが、書き込みが非常に多く、8日間保持したいBookmarkも

保持できない状態がある場合、RPはどのような挙動となるでしょうか。

質問が多く申し訳ありませんが、ご教授お願いいたします。

Related:

HWの環境情報をお教えいただけませんでしょうか。

エコマーク取得状況情報

①確認中 ②未対応(未取得) ④対応(取得) ⑤対象外

エコマークとは公益財団法人 日本環境協会 エコマーク事務局が認定しているものでしょうか。

それであれば回答は②未対応(未取得)です。

(エコマークと相互認証協定がある北米で使われているというECOLOGOに関しても調べてみましたが全く情報が無いので未対応ですね)

これらの認定はコンシューマ向けの製品をメインに扱っているので、ストレージ製品は通常対象外になるのだと思います。

実際に日本でストレージの製造を行っているF社などでもパソコン、プリンター、ディスプレイ、スキャナーなどにはエコマークを取得していますが、ストレージに対しては取得をしていないようです。

とはいえDell EMCがエコについて全く力を入れていないというわけでは全くなく、サステナビリティの活動として強く意識をしていますし(参考:https://japan.emc.com/corporate/sustainability/sustaining-ecosystems/strategy.htm)、日本で販売しているDD2200を含むストレージ製品はすべて経済産業省資源エネルギー庁が定めている「エネルギーの使用の合理化に関する法律(省エネ法)」に準拠しています。

電機用品安全法対応状況

①確認中 ②未対応 ④対応 ⑤対象外

⑤対象外です。

電気用品安全法は(粗悪品が混ざってしまっている可能性がある)汎用品が対象となります。

DD2200を含めたDell EMCのストレージは汎用品でないために対象外となります。

(汎用品よりも安全なつくりになっているので対象外とご理解ください)

RoHS指令対応状況

①確認中 ②未対応 ④対応 ⑤対象外

④対応です。RoHSのみならずREACHにも対応しています。

【参考】

http://www.emc.com/corporate/sustainability/battery-usage/product-stewardship.htm

http://i.dell.com/sites/doccontent/corporate/environment/en/Documents/chemical-use-policy.pdf

Related: