Use Altiris SMP 7.5 to distribute SEE 11.2 agent installer

I need a solution

Hi,

We are currently helping our client to upgrade SEE from 8.2.1 to 11.2. Yet, we cannot distribute the agent installers via software delivery programs, and we cannot use GPO since we use native policies.

Since Altiris is also one of your offerings, please let us know if we have missed out particular settings or plug-ins to deliver and install the SEE agents remotely successfully.

Is there anyone who has tried upgrading the SEE agents remotely? Please tell me whether you used Altiris or other useful manners.

——————- ENVIRONMENT INFORMATION ——————-

Altiris SMP 7.5 (Windows server2008r2, sql 2008r2)

SEE 11.2/8.2.1 (Widows server: 2008r2, SQL: 2008r2)

Clients: windows 7

——————- QUESTION ——————-

Scenario:

Using Altiris SMP 7.5 to distribute SEE 11.2 agents to clients.

We are upgrading SEE 8.2.1 MP11 to SEE 11.2.

We use the scripts provided in the SEE 11.2 upgrade guide to pack the agent installer:

msiexec /i “SEE Client_x64.msi” /norestart REBOOT=”ReallySupress” REINSTALLMODE=”vemus” ADDLOCAL=”ALL” CONDITION_NOUI=1 /l*v “%windir%SEEupgrade.log”

the error message we got:

CanUpgradeProduct:  Error: Older Version of SEE Endpoint Encryption is present on system, upgrade can not continue with /qn mode, Aborting Installation.

(See attachment see020887PC018203_install_1.log)

Is there a methodology to distribute SEE upgrade agents like this?

Please advise.

We appreciate your kind consideration and are looking forward to your prompt reply.

Best regards,

Eileen Lee

Work inbox: Eileen.lee@fis.com.tw

0

Related:

  • No Related Posts

Proxy Chaining with Cisco Iron-pot & DLP

I need a solution

Hi,

One of my client want to do chaining proxy with cisco proxy.

He will create one reflect IP on Cicso and then he will divert all HTTPS traffic to Symantec Proxy, Symantec Proxy will decyrpt SSL traffic and send it to DLP Web prevent by HTTPS over ICAP

So need to know what changes need to be done apart from below:

1) SSL Interception on proxy

2) SSL certficate on Proxy 

3) Integration with DLP

Need to know whether we need to import SSL certificate on end User ?

Since Cisco Proxy will send the traffic from Reflect IP , will proxy able to see end user IP or only reflect IP ?

0

Related:

  • No Related Posts

Wikipedia site is not accessible via proxy

I need a solution

Hi Team,

Customer is getting the below error while accssing the en.wikipedia.org site. He is getting ” We are removing support for non-forward secret ciphers, specifically AES128-SHA ….”

Please help us resove this issue.

Note: only this url facing this issue.

Thanks,

Ram.

0

Related:

  • No Related Posts

Re: Unity450FにおけるPoolの設定について

ryo8888さん、

ご覧になっている資料であればPage332の例2が参考になると思います。(Traditional Pool作成希望であるという前提)

diskGroupの選定 (/stor/config/dg show -detailにて確認)

例>spb:~> uemcli -d xx.xxx.xxx.233 -u admin -p xxx /stor/config/dg show -detail

Storage system address: xx.xxx.xxx.233

Storage system port: 443

HTTPS connection

1: ID = dg_3

Drive type= SAS Flash 2

FAST Cache = yes

Drive size = 393846128640 (366.7G)

Vendor size = 400.0G

Rotational speed = 0 rpm

Number of drives = 10

Unconfigured drives = 1

Capacity = 3938461286400 (3.5T)

Recommended number of spares = 1

Drives past EOL = 0

Drives approaching EOL = 0 (0-30 days), 0 (0-60 days), 0 (0-90 days), 0 (0-180 days)

②プロファイルの確認(/stor/config/profile show にて確認)

spa:~> uemcli -d xx.xxx.xxx.117 -u admin -p xxxx# /stor/config/profile -traditional show

1: ID = tprofile_1

Type = Traditional

Description = SAS Flash RAID5 (4+1)

Drive type = SAS Flash

RAID level = 5

Maximum capacity = 0

Stripe length = 5

Disk group =

Maximum drives to configure =

Maximum capacity to configure =

③Pool作成 (/stor/config/pool create) ①のDrive Groupから②のProfileでPoolを作成

uemcli -d xx.xxx.xxx.xxx -u admin -p XXXX /stor/config/pool

create -name <> -descr “traditional pool” -diskGroup <①> –drivesNumber <> -storProfile <②> (資料Page333参照)

④確認

uemcli -d xx.xx.xxx.xxx. /stor/config/pool show -detail

1: ID = pool_1

Type = Traditional

Name = pool1

Description =

省略

RAID level = 5

実際の検証環境で作成できるほどのDiskがなかったので切れ切れのコマンド例になってしまいすいません。

なおトラディショナルプールで作成するとのちのドライブ追加も5本単位になってしまうのでダイナミックプールでの作成のほうが

使いやすいかもしれないです。(https://community.emc.com/thread/243491

「トラディショナルPoolでは、RAID54+1)の構成でプールを作成すると、その後は最低5本からのディスクの追加が必要だったりしたのですが、ダイナミックプール環境ではパフォーマンスを損なうことなくドライブ1本ずつの追加が可能になっています」

他参考KB

521857 : Dell EMC Unity: Unable to create storage pool with available drives (Dell EMC Correctable)

Related:

  • No Related Posts

Re: VxRail E460のRapid Appliance Self Recovery(v4.5.210)について

こんにちは。

掲題の件について、情報をお持ちの方がいましたらご教示ください。

VxRail E460(3ノード)にて、v4.5.210のFactory Imageから、

RASRを実行したところ、ESXiのトップ画面にて、

「Installation Status:Script 15_setup_node.sh execution error」のエラーが表示し、

RASRが正常に完了しない問題が発生しました。

※手順についてはVxRail Appliance_VxRail Restricted Procedures-VxRail E460_E460Fを参照しています。

「Script 15_setup_node.sh execution error」のエラー内容から、

「KB 510439」が見つかりましたので、IDRACユーザを確認したところ、

既に「vxadmin,vxpscv,PTAdmin」は作成されていました。

※各ユーザについては、v4.0.310のFactory Imageから、

RASRした際にエンジニアさんにご教示頂いた該当するパスワードを再設定しました。

再度、RASRを実行しましたが同様のエラー(Script 15_setup_node.sh~)が発生しました。

RASRのログであるfist.logを確認したところ、以下のエラーが発生していました。

Invalid drives information: {‘Message’: ‘Cache object not yet populated, check back again in a few seconds.’}

Failed to generate disk mappings, ERROR:object of type ‘NoneType’ has no len()

Failed to setup the system

Traceback (most recent call last):

File “/usr/lib/vmware/marvin/vxrail_primary.py”, line 503, in set_up_primary_node

_setup_single_node_cluster()

File “/usr/lib/vmware/marvin/vxrail_primary.py”, line 423, in _setup_single_node_cluster

_create_disk_groups(host_connection)

File “/usr/lib/vmware/marvin/vxrail_primary.py”, line 379, in _create_disk_groups

mappings = multi_disk_mapping.generate_disk_mappings(ssd, none_ssd)

File “/usr/lib/vmware/marvin/multi_disk_mapping.py”, line 654, in generate_disk_mappings

return DellDiskGroupService(expandedDiskGroupRule)._generate_disk_mappings(ssdDisks, nonssdDisks, host, port)

File “/usr/lib/vmware/marvin/multi_disk_mapping.py”, line 510, in _generate_disk_mappings

guidSlotMap = PTAgentOperator().generateGuidHostdriveMap(host, port)

File “/usr/lib/vmware/marvin/multi_disk_mapping.py”, line 95, in generateGuidHostdriveMap

log.debug(“%d drives reported by PT Agent”, len(drives))

TypeError: object of type ‘NoneType’ has no len()

エラー内容から、「Diskgroupの作成で停止しているのでは」と考え、

ノードに実装(SSD 2本,SAS 8本)されているディスクを抜き、

SSD 1本、SAS 1本の構成でRASRを実行したところ、ノード2,3はRASRが正常に完了し、

「Installation Status:VxRAIL RASR Appliance Installation Successfully Completed」となりました。

しかし、ノード1については「Script 15_setup_node.sh~」が発生し、変化はありませんでした。

fist.log上でも同様のエラー内容が表示していました。

正常に完了するために確認するべき内容等あればご教示頂きたく。

必要な情報等あれば、可能な限り提示します。

Related:

  • No Related Posts

Re: Unity NAS 性能サイジングについて

Uehara Y.さん

貴重な情報ありがとうございます。

試しにMidrange SizerにてNFS選択時の性能を調べようと思い、

オールフラッシュで確認してみたのですが[View Result]クリック後、サイザー上部に表示されるIOPSの値が”696″と

想定よりもかなり低くなってしまいました。

本事象についてMidrange Sizerに入力する際に何か手違いがあったのか、確認する方法が間違っているのか、

情報をお持ちでしたらご教授いただきたく思います。

※Midrange Sizerにて値を操作した場所は下記の3点のみでそれ以外はデフォルト値で確認しました。

アプリケーションタイプ→ファイル共有

データ削減→Disabled

プロトコル→NFS

Related:

  • No Related Posts

SEPM now needs Windows Server??

I need a solution

Apparently I need to read documentation.  I let this one slide.  I just purchased licenses for a small biz client that has a PC acting as the server, and planned to put SEPM on there.  Nope it says, has to be Server 2008 or above.  

Ok so my fault for not keeping up with the Jones apparently.  Now, is there any scenario where I can manage clients, using SEP 14.2, and not have a SEPM? I haven’t yet looked into the cloud portal thing.  I have plenty of customers running SEP SBE and SEPC, but have not yet put any SEP customers’ SEPM’s into version 14.1 or the cloud portal or whatever it is.  

If no option exists, that sucks.  I’m willing to go with an older release of SEP while I advice my customer that I screwed up and they now need a server (or I eat the cost of SEP and just go with SEPC), or something.  

Please let me know my options, thanks!

0

Related:

  • No Related Posts

Unity と UPS の連携について

Unity と UPS の連携について、ご教授ください。

通常の電源投入手順として、SPA→SPB の順に起動することになると思います。

その前提で、例えば、

停電後の復電時に起動遅延を1種類(例えば10分後)しか設定できない環境であった場合、

SPBとサーバを同時に起動させることになりますが、SPBの起動よりもサーバの起動の方が早いと、

全てのLUNにSPA経由でアクセスすることになると思います。

複数あるLUNのオーナーをSPA、SPB半々にしていた場合、SPB起動完了後はPowerPathなどを使用すれば

デフォルトオーナーがSPBであるLUNのオーナーはSPBに自動でフェイルバックしますでしょうか?

個人的には、OS 側のデバイス認識に依存すると思うのですが、

いかがでしょうか。

なお、今回は Windows を想定しております。

もし、別の対応策がありましたら、ご教授頂けますと幸いです。

また、iSCSI,FC 接続の違いによる挙動の差異がある場合も、

合わせて教えて頂けますと助かります。

以上、よろしくお願いします。

Related:

  • No Related Posts

Re: 【Ask The Expert】エキスパートに聞こう!PowerMaxここが凄い!

本日、ご紹介するPowerMaxで搭載された新しい機能は、Data Reduction(データ削減機能)です。



以前のVMAX All Flashでは、データ削減機能として、圧縮機能を提供していました。

新しいSymmetrixであるPowerMaxでは、この圧縮機能にプラスして、重複排除の機能も提供されることになりました。

図2-1.jpg

PowerMaxのデータ削減機能は、従来のVMAX All Flashで提供していた圧縮機能と、アーキテクチャはかなり似通っています。

PowerMaxのデータ削減機能の特徴は、下記の通りです。



・専用HWによる圧縮+重複排除処理となります

・Storage Group単位で、データ削減機能のON/OFFが可能です

・圧縮ロジックは、以前のLZSから、DEFLATEに変更されました

・圧縮と重複排除を、個別に設定することはできません。データ削減機能を設定すると、

圧縮+重複排除の両機能が同時に処理されます

・128KBのデータを4分割し、それぞれに対して圧縮を行った後、重複排除の処理を行います

・重複排除のHash計算はSHA2アルゴリズムを利用します

図2-2.jpg



また、VMAX All Flashの圧縮機能と同様、IO Workloadの収集の結果を基に、IOが集中しない80%のデータを、削減対象とします。

その結果、データ削減機能を利用しても、パフォーマンスには、ほとんど影響が出ません。

図2-3.jpg



来年以降、SCMをサポートする予定のPowerMaxですが、SCMはまだまだ高価です。

このデータ削減機能を利用することで、パフォーマンスを犠牲にせず、SCMを搭載してもコストを抑えた、

ハイエンドストレージの提供ができると考えています。



次は、7月17日に、PowerMaxのMachine Learningを利用した、SLO(Service Level Object)機能の紹介をしたいと思います。

Related:

  • No Related Posts