DDOS アップグレード時のネットワーク切断について

DDOS アップグレード時には、DDへのアクセスが無い状態で実施することが推奨と認識しています。

お客様のバックアップサーバが多くて、個々のバックアップサーバからアンマウントが難しい場合、DD側のLANを全て抜栓した状態で、

シリアルコンソールから、コマンドでアップグレードを検討しております。(DDOSイメージは、事前にDDに格納しておく前提です)

DDのLANケーブルの脱線により、

・NICのlink dounアラートが発生

・DNSや、SMTP、NTPなどの外部サーバとも切断

・レプリケーションの切断

などの状態でアップグレードすることになりますが、アップグレード自体は、外部との通信で出来ていない状態でも問題無く実行出来るものでしょうか?

また、アップグレード時にリブートを伴うと思いますが、その際にDNSなどを探しに行って、通常より起動に時間がかかるなど注意点はありますでしょうか?

LAN脱線の状態でアップグレードする際に、他に何か事例や注意点などあればご教示下さい。

宜しくお願い致します。

Related:

  • No Related Posts

Leave a Reply